iPad > iPadの使い方 > iPadのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に変更・設定する

スポンサーリンク

iPadのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に変更・設定する

ここではiPadのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に変更・設定する方法を紹介しています。

iPadのデフォルトのブラウザアプリを「Google Chrome」に変更します。

iPadのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に設定することで、「メール」アプリでリンクをタップした場合やSiriでWeb検索した場合に「Google Chrome」で表示されます。

* iPadでデフォルトブラウザを「Safari」以外に設定するには「iPadOS14」が必要です。

目次:
App Storeから「Google Chrome」アプリをダウンロードする
iPadのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に設定する

App Storeから「Google Chrome」アプリをダウンロードする

iPadのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に設定するには、App Storeから「Google Chrome」アプリをダウンロードする必要があります。

Google Chrome

Google Chrome

価格:無料

iPadのホーム画面より「App Store」をタップし、「Google Chrome」アプリのダウンロード画面から「入手」をタップして、iPadに「Google Chrome」をインストールします。

iPadのApp Storeから「Google Chrome」アプリをダウンロードする
1. 「App Store」をタップします
App StoreからiPadに「Google Chrome」アプリをインストールする
2. 「Google Chrome」アプリのDL画面から「入手」をタップします

iPadのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に設定する

iPadのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に設定します。デフォルトブラウザとして設定することで、メール内のリンクをタップした際やSiriでWeb検索した場合に「Google Chrome」で表示されます。

1. iPadの「設定」アプリから「Chrome」を選択する

iPadで「設定」アプリを起動します。一覧から「Chrome」を選択して、設定内の「デフォルトのブラウザApp」をタップします。

iPadで「Google Chrome」の設定画面を表示する
1. 「設定」をタップします
iPadで「Google Chrome」の設定画面から「デフォルトのブラウザApp」を選択する
2. 「Chrome」から「デフォルトのブラウザApp」をタップします

2. 「デフォルトのブラウザApp」から「Chrome」を選択する

「デフォルトのブラウザApp」画面で「Chrome」をタップします。「Chrome」にチェックマークされると、iPadのデフォルトのブラウザアプリが「Google Chrome」に設定されます。

iPadのデフォルトのブラウザAppで「Chrome」を選択する
1. 「Chrome」をタップします
iPadのデフォルトのブラウザとして「Chrome」を利用する
2. 「Chrome」にチェックマークが入っていることを確認します

iPadのデフォルトブラウザが「Google Chrome」に設定される

iPadの「メール」アプリでリンクを開いた場合や、SiriでWeb検索した場合など、「Google Chrome」が起動・表示されるようになります。

なお、デフォルトのブラウザを「Safari」に戻したい場合は、「設定」から「Chrome」を選択し、「デフォルトのブラウザApp」画面で「Safari」にチェックします。

iPadのデフォルトブラウザが「Chrome」に設定される
1. メールなどからリンクをタップします
iPadのデフォルトブラウザアプリが「Chrome」に設定される
2. 「Google Chrome」アプリで表示されます

スポンサーリンク

iPad(第8世代)の販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV