HOME > Apple Watch > Apple Watchの使い方 >

本ページ内には広告が含まれます

Apple Watchで「機内モード」を設定する

ここではApple Watchで「機内モード」を設定する方法を紹介しています。

Apple Watchで「機内モード」を設定する

Apple Watchで「機内モード」を設定することで、航空機内や病院、公共交通機関の優先席付近など無線機器をオフにしなければならない場所にて、Bluetoothなどのワイヤレス機能を一括で無効にすることができます。

また、Apple WatchとペアリングしているiPhoneの「機内モード」の設定を同期することも可能です。

目次:
Apple Watchで「機内モード」をオンにする
iPhoneからApple Watchの「機内モード」をオンにする

Apple Watchで「機内モード」をオンにする

Apple Watchで「機内モード」をオンにすると、iPhoneとの接続が解除され、ワイヤレス通信を利用する機能(電話の発着信や通知・リモート操作等)は利用できなくなります。

* 「機内モード」をオンにすると、画面上に「飛行機」のアイコンが表示されます。

コントロールセンターから「機内モード」をオンにする

Apple Watchの「サイドボタン」をクリックしてコントロールセンターを表示ます。コントロールセンターから「機内モード」アイコンをタップすることで「機内モード」のオン/オフを切り替えることができます。

* 『watchOS 9』以前の場合は文字盤で画面下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示します。

Apple Watchのコントロールセンターから機内モードをオン/オフする
1. 「サイドボタン」をクリックします
Apple Watchで「機内モード」アイコンをタップする
2. コントロールセンターで「機内モード」をタップします
Apple Watchで機内モードをオン/オフにする
3. 「機内モード」のオン/オフを切り替えできます

設定アプリから「機内モード」をオンにする

Apple Watchの「デジタルクラウン」をクリックしてホーム画面を表示して「設定」アプリを起動します。設定画面から「機内モード」を選択して「機内モード」のオン/オフを切り替えることができます。

Apple Watchの設定アプリから機内モードをオン/オフする
1. ホーム画面で「設定」をタップします
Apple Watchで機内モードの設定画面を表示する
2. 「機内モード」をタップします
Apple Watchで「機内モード」をオン/オフする
3. 「機内モード」のオン/オフを切り替えできます

iPhoneからApple Watchの「機内モード」をオンにする

ペアリングしているiPhoneで「Apple Watch」アプリを起動します。「一般」内の「機内モード」から「iPhoneを反映」をオンにすることで、iPhoneとApple Watchの機内モードの設定を同期することができます。

iPhoneで機内モードをオンにすることでApple Watchの機内モードもオンになり、Apple Watchで機内モードをオンにした場合もApple Watchで機内モードがオンになります。

iPhoneとApple Watchで機内モードの設定を同期する
1. iPhoneで「Apple Watch」アプリを起動します
iPhoneとApple Watchで機内モードの設定を同じにする
2. 「機内モード」を選択します
iPhoneとApple Watchで機内モードのオン/オフを反映する
3. 「iPhoneを反映」をオンにします

【Amazon】人気のiPhoneランキング

 更新日時:2024/07/16 09:00

【Kindleセール】人気Kindleマンガ最大64%ポイント還元

 更新日時:2024/07/16 09:10

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV