HOME > iPhone > iPhoneの使い方 >

本ページ内には広告が含まれます

iPhoneの画面に近すぎると離れて見るように警告する

ここではiPhoneの画面に近すぎると離れて見るように警告する方法を紹介しています。

iPhoneの画面に近すぎると離れて見るように警告する

Face ID搭載のiPhoneで利用できる「画面との距離」機能では、iPhoneの画面を近すぎる距離で一定時間以上見続けると、画面上に離れて見るよう促す警告メッセージが表示されます。

警告メッセージを消すには画面から30cmほど顔を離す必要があり、子供の近視(視力の低下)のリスクを軽減できるほか、大人も目の疲れを軽減できます。

* 『iOS17』以上および『Face ID』を搭載したiPhoneで利用可能です。

目次:
iPhoneで「画面との距離」機能を設定する
iPhoneの画面に近すぎると警告メッセージが表示される

iPhoneで「画面との距離」機能を設定する

iPhoneの画面と目(顔)が近すぎると警告メッセージが表示されるように設定します。

1. iPhoneで「画面との距離」の設定画面を表示する

iPhoneのホーム画面上の「設定」アプリをタップします。「スクリーンタイム」から「画面との距離」を選択します。

iPhoneで画面を近すぎる距離で見ていると警告する
1. 「設定」をタップします
iPhoneのスクリーンタイムで「画面との距離」を選択する
2. 「スクリーンタイム」を選択します
iPhoneの画面を近すぎる距離で見続けると警告する
3. 「画面との距離」をタップします

2. iPhoneで「画面との距離」をオンにする

初回のみ「画面との距離」機能の説明が表示されるので、確認して「続ける」をタップします。

「画面との距離」をオンにすることで、iPhoneの画面を近すぎる距離で見ていると警告メッセージを表示することが可能になります。

iPhoneで文字(テキスト)のサイズを調節する
1. 「続ける」をタップします
iPhoneの画面と目の距離を離す
2. 「続ける」をタップします
iPhoneで「画面との距離」をオンにする
3. 「画面との距離」をオンにします

iPhoneの画面に近すぎると警告メッセージが表示される

iPhoneの画面と目の距離が近すぎると、警告メッセージが画面上に表示されます。iPhoneの画面から30cmほど目(顔)を離すと表示される「続ける」をタップすることで、警告メッセージを閉じることができます。

iPhoneが近すぎる可能性があります
1. 画面に近すぎると警告メッセージが表示されます
iPhoneの画面から目(顔)を30cm以上離す
2. 画面から目(顔)を離します
iPhoneの画面上の警告メッセージを閉じる
3. 警告メッセージを閉じることができます

【Amazon】人気のiPhoneランキング

 更新日時:2024/07/18 8:50

【Kindleセール】人気Kindleマンガ最大64%ポイント還元

 更新日時:2024/07/18 10:40

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV