iPhone > iPhoneの使い方 > 『iPhone 6s/6s Plus』の主な新機能の使い方

スポンサーリンク

『iPhone 6s/6s Plus』の主な新機能の使い方

ここでは『iPhone 6s/6s Plus』の主な新機能の使い方を紹介しています。

iPhone 6s/6s Plusの新機能の使い方

3D Touch

iPhoneでの「3D Touch」の使い方
「3D Touch」は、iPhone 6s/6s Plusで搭載された新しいタッチ操作となっており、画面上を指で押す(プレスする)強さをiPhoneが感知することができます。タップやスワイプなどのタッチ操作に加えて新しい操作「Peek」と「Pop」を使用して直観的な操作が可能となっています。
iPhoneで3D Touchの感度設定を「弱・中・強」で変更する
iPhone 6s/6s Plusで新搭載されたで3D Touchは、画面を押す強さによって様々な操作を行うことができる新しいタッチ操作です。3D Touchを機能させるのにどの程度の押す力が必要となるかは、3D Touchの感度設定を変更することで、3段階(弱い・中・強い)で選択することができます。
iPhoneでホームのアプリアイコンからショートカットメニューを表示する
iPhoneの「3D Touch」のクイックアクション機能を利用することで、ホーム画面のアプリアイコンから特定の機能へのショートカットメニューを表示、選択することで素早くアクセスすることができます。
iPhoneの3D Touchでマルチタスク(アプリ切り替え)画面を表示する
iPhoneの「3D Touch」を利用することで、ホームやアプリ画面左端を押してマルチタスク(アプリの切り替え)画面を表示することができます。マルチタスク画面ではアプリを切り替えたり、バックグラウンドで起動中のアプリを完全に終了することができます。
iPhoneの3D Touchでカーソル移動・範囲選択する
iPhoneの「3D Touch(3D タッチ)」機能を利用することで、キーボード上をプレス(強く押す)してキーボードをトラックパッドのように使用することが可能になり、カーソル移動・範囲選択を簡単に行うことができます。

壁紙

iPhoneでロック画面を押すと動く「ライブ(Live)壁紙」を設定する
iPhone 6s/6s Plusでは、ロック画面の壁紙が動かすことできる「ライブ(Live)壁紙」を設定することができます。あらかじめ用意されているLive壁紙から選択できるほか、iPhoneで撮影した「Live Photos」を設定することも可能です。

カメラ

iPhoneで4Kビデオ(動画)を撮影・編集する方法
「iPhone 6s/6s Plus」では12メガピクセルのカメラが搭載され、HDビデオの4倍の解像度(3,840×2,160)で4Kビデオを撮影できます。また、「iPhone 6s Plus」ではビデオ撮影時に光学式手ぶれ補正が使えるようになり、スムーズな動画が撮影できるようになっています。
iPhoneの画面をフラッシュにできる「Retina Flash」の使い方
iPhone 6s/6s Plusでは、画面を通常より3倍明るくしてフラッシュとして利用できる「Retina Flash」機能が新搭載されています。インカメラ(FaceTimeカメラ)で自撮り(セルフィー)をする際なども、周辺の明るさを感知してディスプレイの明るさを自動調節してフラッシュを発光できます。
iPhoneでの「Live Photos(ライブフォト)」の撮影方法と使い方
iPhone 6s/6s Plusでは、新しいカメラ機能となる「Live Photos(ライブフォト)」を撮影できます。「Live Photos」では写真を撮影する前後の動きやサウンドも一緒に保存することができます。

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV