iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneのカメラで60fpsでビデオ(動画)を撮影する

スポンサーリンク

iPhoneのカメラで60fpsでビデオ(動画)を撮影する

ここではiPhoneのカメラで60fpsでビデオ(動画)を撮影する方法を紹介しています。

iPhoneの「カメラ」アプリで、60fpsでビデオ(動画)を撮影します。フレームレートが"60fps"(毎秒60コマ)のビデオで撮影すると、初期設定の"30fps"でのビデオより滑らかな動画を撮影することができます。

* 60fpsのビデオ(動画)は、iPhone 6/6 PlusのiSight(背面)カメラで撮影可能です。

* 60fpsのビデオ(動画)は、データ量が30fpsの動画より大きくなります。

1. iPhoneの「設定」からカメラの設定を変更する

iPhoneでホーム画面上の「設定」アプリをタップします。「写真とカメラ」を選択し「60fpsでビデオを撮影」をオンにします。

iPhoneで設定アプリを起動する
1. 「設定」をタップします
iPhoneで写真とカメラの設定画面を表示する
2. 「写真とカメラ」を選択します
60fpsでビデオを撮影
3. 「60fpsでビデオを撮影」をオンにします

2. iPhoneのカメラでビデオ(動画)撮影モードを選択する

iPhoneで「カメラ」を起動します。下部をスワイプして「ビデオ(動画)」撮影モードを選択します。60fpsでのビデオ撮影の場合、画面上に"60FPS"と表示されます。

iPhoneでカメラを起動する
1. 「カメラ」を起動します
iPhoneのカメラをビデオ撮影モードにする
2. 下部をスワイプして、ビデオ撮影モードを選択します
60fps
3. 60fpsでの撮影の場合、「60fps」と表示されます

3. iPhoneのカメラで60fpsでビデオ(動画)を撮影する

「撮影」ボタンをタップすることで、ビデオ(動画)撮影が開始されます。ビデオを撮影中に「停止」ボタンをタップすると、ビデオ撮影が終了できます。

* iPhone本体横の音量ボタン「+」「-」を押すことでもビデオ(動画)の撮影を開始・停止することができます。

iPhoneで60fpsでビデオの撮影を開始する
1. 「撮影」ボタンをタップします
iPhoneのカメラで60fpsでビデオ撮影する
2. 60fpsでビデオ撮影が開始されます
iPhoneのカメラで60fps動画の撮影を終了する
3. 「停止」アイコンをタップして、撮影を終了します

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV