iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneでバッテリーの状態を調べる・確認する

スポンサーリンク

iPhoneでバッテリーの状態を調べる・確認する

ここではiPhoneでバッテリーの状態を調べる・確認する方法を紹介しています。

「iOS11.3」ではiPhoneのバッテリーの状態を確認できる機能が追加されています。バッテリーの最大充電可能容量を確認できるほか、「iPhone 6」以降のiPhoneに搭載されている突然のシャットダウンを防ぐためのパフォーマンス管理機能の動作状況を確認することができます。

iPhoneで「バッテリーの状態」画面を表示する

iPhoneで「設定」アプリを起動して、設定一覧から「バッテリー」を選択します。バッテリー設定画面から「バッテリーの状態」をタップすることで、バッテリーの状態画面を表示できます。

iPhone 設定
1. ホーム画面の「設定」をタップします
iPhone バッテリー
2. 「バッテリー」を選択します
iPhoneでバッテリーの状態を表示する
3. 「バッテリーの状態」をタップします

バッテリーの「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」を確認する

「バッテリーの状態」画面では、「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」の項目を確認できます。

バッテリー残量

最大容量

「最大容量」は、iPhoneが新品時の時と比較したバッテリー容量の基準です。新品時の最大容量は100%で、経年劣化が進むにつれ最大容量が低下し、1回の充電で使用できる時間が短くなることがあります。

通常使用の場合はバッテリーのフル充電を500回繰り返した場合でも、最大80%を維持できるようになっています

ピークパフォーマンス性能

「iPhone 6」以降のiPhoneでは、バッテリー性能の低下などによる突然のシャットダウンを防ぐためのパフォーマンス管理機能が搭載されています。この機能がオンになっているかを「ピークパフォーマンス性能」の項目で確認できます。

■ 正常な場合

お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています

■ パフォーマンス管理がオンの場合

このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…

パフォーマンス管理がオンの場合はピーク性能が落ちるため、アプリの起動に時間がかかったり、スクロール中のフレームレートが低くなったり、スピーカーの音量が小さくなったりする可能性があります。

なお、パフォーマンス管理が適用されている場合は無効にすることも可能ですが、シャットダウンが発生した場合は自動的に再度オンになります。

バッテリーの交換が推奨される場合

バッテリーが著しく劣化している場合は、Appleの正規サービスプロバイダーでバッテリー交換することを推奨するメッセージが表示されます。

そのままバッテリーを使い続けることも問題はありませんが、バッテリーを交換することで最大限の容量やパフォーマンスに改善することが可能となることが案内されています。

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV