iPad > iPadの使い方 > iPad/iPad miniでアニメーション効果・視差効果を減らす

スポンサーリンク

iPad/iPad miniでアニメーション効果・視差効果を減らす

ここではiPad/iPad miniでアニメーション効果・視差効果を減らす方法を紹介しています。

iOS7を搭載したiPad/iPad miniでは、「ロック解除時」「アプリの起動・終了」などでのズームアニメーションや、iPad/iPad miniを傾けるとホーム画面上のアイコンが浮いているように見えるギミックなどの「視差効果」が使われています。この「視差効果」は、設定を変更することで大幅に軽減することが可能となっています。

* iPad/iPad miniの「視差効果」の設定を変更するには「iOS7.0.3」以降が必要になります。

視差効果を減らした場合のアニメーションの変化

iOS7を搭載したiPad/iPad miniでは、「ロック解除」「アプリの起動・終了」などでのズームアニメーションや、「ホーム画面」でiPad/iPad miniを傾けるとアイコンが浮いているように見えるギミックなどの「視差効果」が使われています。

「視差効果」を減らす設定を行うことで、例えば、アプリの起動・終了時のズームアニメーションは、フェードエフェクトに変更されます。

■ 初期設定

iPad/iPad miniでマップアプリを起動する

■ 視差効果を減らした場合

iPad/iPad miniでマップアプリを起動する

iPad/iPad miniで視差効果を減らす

iPad/iPad miniで視差効果を減らすには、「設定」アプリから視差効果の設定を変更します。なお、この設定を行うには「iOS7.0.3」以降が必要になります。

1. iPad/iPad miniで「アクセシビリティ」の設定画面を表示する

iPad/iPad miniの「設定」アプリで、「一般」から「アクセシビリティ」を選択します。

iPad/iPad miniのマップアプリで現在地の住所を確認する
1. 「設定」アプリを起動します
iPad/iPad miniで現在地情報を表示する
2. 「一般」から「アクセシビリティ」を選択します

2. iPad/iPad miniで「視差効果」を減らす

「アクセシビリティ」画面の「視差効果を減らす」を選択します。「視差効果を減らす」を"オン"にすることで、iPad/iPad miniの視差効果を減らすことが可能です。

iPad/iPad miniのマップアプリで現在地の住所を確認する
1. 「視差効果を減らす」を選択します
iPad/iPad miniで現在地情報を表示する
2. 「視差効果を減らす」をオンにします

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV