iPad > iPadの使い方 > iPadでの「AirDrop」の設定方法と使い方

スポンサーリンク

iPadでの「AirDrop」の設定方法と使い方

ここではiPadでの「AirDrop」の設定方法と使い方を紹介しています。

AirDrop iPad

「AirDrop(エアードロップ)」は、近くにいる友達に写真やビデオ、連絡先などを無線で共有(送受信)できる機能です。AirDrop機能を利用することで、iPhone、iPad、iPod touch、およびMac間で、写真等のデータをやりとりすることが可能です。

* 「AirDrop」は、『iOS7』以降を搭載したiPhone 5以降のiPhone、iPod touch(第5世代)、iPad 4以降のiPad、及びiPad mini、OS X Yosemite以降搭載&2012年以降のMacが対応しています。

目次:
iPadで「AirDrop」を有効(オン)にする
iPadで近くの友達とデータ(写真やビデオ)を共有(送受信)する
iPadで「AirDrop」を無効(オフ)にする

iPadで「AirDrop」を有効(オン)にする

iPadの「AirDrop」機能でデータのやりとりを行うには、「AirDrop」機能を有効にする必要があります。

1. iPadで「コントロールセンター」を表示する

iPadの画面右上から下方向にスワイプしてコントロールセンターを表示します。コントロールセンターから「AirDrop」アイコンをタップします。

* 画面右上からスワイプしてもコントロールセンターを表示できない場合は、画面下部から上にスワイプすることでコントロールセンターを表示できます。

iPadでコントロールセンターを表示する
1. 画面右上から下に向かってスワイプします
iPadで「AirDrop」アイコンをタップする
2. コントロールセンターから「AirDrop」アイコンをタップします

2. 「すべての人」または「連絡先のみ」を選択してAirDropを有効にする

「AirDrop」機能でデータ共有(送受信)する端末(相手)を指定(すべての人または連絡先のみ)します。

「すべての人」を選択すると、近くにいるすべての(AirDrop機能を有効にしている)端末とデータを共有(送受信)することができます。iPadの「連絡先」に登録している相手(端末)のみとデータ共有したい場合は、「連絡先のみ」を選択して「AirDrop」機能を有効にします。

iPadのAirDrop機能で「すべての人」または「連絡先のみ」を選択する
1. 「連絡先のみ」または「すべての人」を選択します
iPadでAirDrop機能が有効になる
2. AirDrop機能が有効になります

「連絡先のみ」を選択するには「iCloud」へのサインインが必要

「AirDrop」の検出を「連絡先のみ」に設定するには、iPadで「iCloud」にサインインして有効にしている必要があります。ポップアップ画面から「設定」をタップし、iCloudの設定画面から「Apple ID」「パスワード」を入力し、「iCloud」にサインインします。

iPadでiCloudのサインイン画面を表示する1. 「設定」をタップします
iPadでiCloudにサインインする 2. 「Apple ID」「パスワード」を入力してサインインします

iPadで近くの友達とデータ(写真やビデオ)を共有(送受信)する

「AirDrop」機能で、写真・ビデオ・連絡先・メモなどを近くにいる相手(端末)に送信します。お互いの端末で「AirDrop」機能を有効にすることで、写真等を(無線で)やりとりすることができます。

AirDropでデータ(写真等)を送信する

近くにいる相手に送信したい写真等を選択・表示して「共有」アイコンをタップします。近くでAirDropを有効にしている端末が画面上に表示されるので、写真等を送信したい端末をタップして選択し、相手が受信を承諾すると送信が開始されます。

iPad/iPad miniでアクションアイコンをタップする
iPad/iPad miniでタップしてAirDropで共有する

AirDropでデータ(写真等)を受信する

近くにいる相手から「AirDrop」でデータを送信すると、画面上にデータ受信のメッセージが表示されます。「受け入れる」をタップすることで、データを受信、端末内に保存することができます。

iPad/iPad miniのAirDropで写真を受け入れる
iPad/iPad miniのAirDropでデータを共有する

iPadで「AirDrop」を無効(オフ)にする

AirDrop機能でデータをやりとりしない時は、AirDrop機能を無効にします。「設定」アプリから「一般」内の「AirDrop」を選択して「受信しない」にチェックします。

「受信しない」にチェックが入っている場合は、AirDropでデータを受信することはありません。

iPadのAirDropでデータを受信しない
1. 「設定」から「一般」内の「AirDrop」をタップします
iPadのAirDropを無効(オフ)にする
2. 「受信しない」を選択します

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV