iCloud > iCloudの使い方 > iPhoneでiCloudを利用してデータを移行する

スポンサーリンク

iPhoneでiCloudを利用してデータを移行する

ここではiPhoneでiCloudを利用してデータを移行する方法を紹介しています。

iPhoneを機種変更した場合など、古いiPhoneから新しいiPhoneにiCloudを利用してデータを移行します。古いiPhoneのデータをiCloudにバックアップ、新しいiPhoneでそのバックアップから復元することで、現在の利用環境をそのまま新しい端末に引き継ぐことが可能です。

なお、パソコンがある場合は、iTunesを利用してデータ移行することも可能です。iTunesを利用してデータ移行する方法は「iPhoneでiTunesを利用してデータを移行する」をご覧下さい。

iCloudを利用してiPhoneのデータを以降する前の確認事項

iCloudを利用してiPhoneでデータを移行する前に、以下を確認します。

iCloudでのデータ移行にはWi-Fi環境が必要

iCloudでのデータ移行(データのバックアップ・復元)を行うには、古いiPhone、新しいiPhoneでWi-Fi接続が必要になります。iCloudのデータ移行を行う場合は、自宅等のWi-Fi環境(できれば電源)がある場所で作業します。

iPhoneをWi-Fi接続する方法は「iPhoneをWi-Fiに接続する」をご覧下さい。

Apple Watchをペアリングしている場合は事前に解除する

Apple WatchをiPhoneとペアリングしている場合は、事前にApple Watchのペアリングを解除します。ペアリングを解除するとApple WatchのデータがiPhoneにバックアップされるので、iPhoneのデータを移行後に、新しいiPhoneと再度ペアリングします。

iPhoneとApple Watchをペアリングする方法は「Apple Watchの初期設定/iPhoneとのペアリング方法」をご覧下さい。

iPhoneでApple Watchアプリを起動する
1. 「Apple Watch」アプリを起動します
iPhoneでApple Watchの設定画面を表示する
2. 「マイウォッチ」タブから「Apple Watch」を選択します
iPhoneとApple Watchのペアリングを解除する
3. 「Apple WAtchのペアリングを解除」をタップします

古いiPhoneのデータをiCloudにバックアップする

古いiPhoneのデータをiCloudにバックアップします。

1. 古いiPhoneでiCloudのバックアップ画面を表示する

古いiPhoneで「設定」アプリを起動します。「iCloud」から「バックアップ」を選択します。

iPhoneでiCloudの設定画面を表示する
1. 「設定」をタップします
iPhoneの設定でiCloudを選択する
2. 「iCloud」を選択します
iPhoneのiCloud設定画面でバックアップを選択する
3. 「バックアップ」を選択します

2. 古いiPhoneでiCloudにバックアップを作成する

バックアップ画面で「iCloudバックアップ」をオンにし、「今すぐバックアップを作成」をタップすることでiCloudにバックアップを作成できます。バックアップが完了すると"前回のバックアップ"が更新されるので、現在の時刻になっていることを確認します。

iPhoneでiCloudに今すぐバックアップを作成する
1. 「今すぐバックアップ」をタップします
iPhoneのデータをiCloudにバックアップを作成する
2. iCloudにバックアップが作成されます
iPhoneのデータがiCloudにバックアップされたことを確認する
3. バックアップが作成されたことを確認します

iCloudへのバックアップのための容量が足りない場合

iCloudの無料プランは5GBまでとなっているので、iCloudの容量がバックアップに足りない場合、バックアップできません。有料で容量を購入するか、「容量」から「ストレージを管理」を選択し、「このiPhone」をタップすることで"バックアップオプション"を表示、バックアップを作成する必要のないアプリをオフにします。

または、"フォトライブラリ"のサイズが大きい場合は「写真」アプリから必要のない写真や動画を削除するか、オンラインストレージ等に移して、バックアップするデータのサイズを減らします。

iPhoneでiCloudの容量を確認する
1. iCloudの設定画面から「容量」を選択します
iPhoneでiCloudのストレージを管理する
2. 「ストレージを管理」を選択します
iPhoneでiCloudにバックアップするアプリを指定する
3. バックアップオプションを表示できます

新しいiPhoneでiCloudのバックアップから復元する

新しいiPhoneでiCloudに作成済みのバックアップから復元します。

1. 新しいiPhoneで「iCloudバックアップから復元」を選択する

新しいiPhoneを起動すると初期設定画面(設定アシスタント)が表示されます。画面に従ってWi-Fi等の設定を進め、「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。

iPhoneで設定アシスタントを起動する
1. 画面をスライドして、設定を進めます
iPhoneをWi-Fi接続する
2. Wi-Fiなどを設定します
iPhoneでiCloudバックアップから復元する
3. Appとデータ画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します

新しいiPhoneですでに初期設定を完了している場合

新しいiPhoneですでに初期設定を完了している場合は、iPhoneのリセット(初期化)が必要になります。ホーム画面で「設定」をタップし、「一般」から「リセット」を選択します。リセット画面で「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、「iPhoneを消去」をタップすることで、iPhoneをリセット(初期化)することができます。

iPhoneで設定アプリを起動する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
iPhoneでリセット画面を表示する
2. 「一般」から「リセット」を選択します
iPhoneでiPhoneを消去する
3. 「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、iPhoneを消去します

2. 新しいiPhoneでiCloudからバックアップを復元する

サインイン画面で「Apple ID」と「パスワード」を入力して、iCloudにサインインします。「バックアップを選択」画面で、復元したいバックアップを選択することで、iCloudから復元を開始できます。

iPhoneでiCloudにサインインする
1. Apple IDとパスワードを入力して、iCloudにサインインします
iPhoneでiCloudからバックアップを選択する
2. 復元したいバックアップを選択します
iPhoneでiCloudから復元する
3. iCloudから復元が開始されます

3. 新しいiPhoneをiCloudから復元後、各種設定を完了する

iCloudからの復元が完了するとアップデートの完了画面が表示されるので「続ける」をタップし、「iCloud」のパスワードを入力、その他の各種設定を行います。

iPhoneでアップデートが完了する
1. 復元の完了後、「続ける」をタップします
iPhoneでiCloudの設定を完了する
2. iCloudのパスワードを入力します
iPhoneでSiriなどの設定を完了する
3. Siri等の各種設定を行います

4. 新しいiPhoneでアプリなどが順次ダウンロードされる

各種設定を完了し、iPhoneのホーム画面を表示します。アプリなどのダウンロードが順次開始されるので、Wi-Fiに接続したままダウンロードが完了するまで待ちます。

iPhoneでiCloudからの復元を完了する
1. 「さあ、はじめよう!」をタップします
Appとメディアを復元中
2. iPhoneのホーム画面が表示されます
iPhoneでiCloudでデータ移行する
3. アプリなどが順次ダウンロードされます

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV