Wave+ アプリ TOP > iPhone版Office(Word/Excel/PowerPoint)アプリの使い方と設定方法

スポンサーリンク

iPhone版Office(Word/Excel/PowerPoint)アプリの使い方と設定方法

Microsoft Officeアプリ(Word/Excel/PowerPoint)はマイクロソフト純正のOfficeアプリです。iOS向けのOfficeアプリは、iPhone/iPadに最適化されたユニバーサルアプリとなっており、iPhoneでも書類の新規作成・編集・印刷などを無料で行うことができます。

なお、一部高度な編集機能を利用するには、Office 365のサブスクリプション契約(有料)が必要になります。

* iPad版Officeアプリについては「iPad版Office(Word/Excel/PowerPoint)アプリの使い方と設定方法」をご覧ください。

「Office for iPhone」の使い方

Microsoft Officeアプリ(Word/Excel/PowerPoint)について

iPhone/iPadに最適化されたユニバーサルアプリ

iOS向けの「Microsoft Office」アプリとなる「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」はいずれも無料となっており、iPhone/iPadに最適化されたユニバーサルアプリとなっています。

Microsoftアカウントでサインインすることで無料でファイルの作成・編集が可能

iPhone/iPad向けの「Microsoft Office」アプリ(Word/Excel/PowerPoint)で、ファイルの編集や新規ファイルの作成などを行うには、"Microsoftアカウント"でのサインインが必要になります。Microsoftアカウントについて詳細は、マイクロソフトの公式サイトをご覧下さい。

Microsoftアカウントでサインインしなくてもファイルの表示は可能ですが、作成・編集などを行うことはできません。

Word/Excel/PowerPointアプリはApp Storeから無料でダウンロード可能

「Word」「Excel」「PowerPoint」の各アプリは、App Storeから無料でダウンロード可能です。

Word

Microsoft Word

価格:無料
対応機種:iOS7.1以降搭載iPhone/iPad/iPod touch

Excel

Microsoft Excel

価格:無料
対応機種:iOS7.1以降搭載iPhone/iPad/iPod touch

PowerPoint

Microsoft PowerPoint

価格:無料
対応機種:iOS7.1以降搭載iPhone/iPad/iPod touch

無料版Microsoft Officeアプリで利用できない機能

iOS向けの「Microsoft Office」アプリでは、無料でファイルの作成・表示・編集などの主要機能の利用が可能となっていますが、一部機能(プレミアム機能)の利用は「Office 365」のサブスクリプション契約(有料)が必要になります。

「Office 365」のサブスクリプション契約(有料)で利用可能になる機能(プレミアム機能)は下記になります。

Wordのプレミアム機能

・ セクション区切りを挿入する
・ ページ レイアウトで列を有効にする
・ 別のページのヘッダーおよびフッターをカスタマイズする
・ ページの向きを変更する
・ 変更を記録して確認する
・ 作成した色を図形に追加する
・ ワードアートを挿入および編集する
・ 影や反射のスタイルを画像に追加する
・ グラフ要素を追加および編集する
・ 作成した色の網掛けを使って表のセルを強調表示する

Excelのプレミアム機能

・ ピボット テーブルのスタイルおよびレイアウトをカスタマイズする
・ 作成した色を図形に追加する
・ ワードアートを挿入および編集する
・ 影や反射のスタイルを画像に追加する
・ グラフ要素を追加および編集する

PowerPointのプレミアム機能

・ 発表者ツールを使ってプレゼンテーションを行いながら、発表者のノートを確認する
・ 作成した色を図形に追加する
・ ワードアートを挿入および編集する
・ 影や反射のスタイルを画像に追加する
・ グラフ要素を追加および編集する
・ 作成した色の網掛けを使って表のセルを強調表示する

Word/Excel/PowerPointアプリにサインインしてファイルを新規作成・編集する

iPhoneの「Word/Excel/PowerPoint」アプリで書類の新規作成・編集を行うには、Microsoftアカウントでサインインする必要があります。

「Microsoft Office」アプリでサインイン画面を表示する

「Word」「Excel」「PowerPoint」アプリを起動し、「サインイン」をタップします。Officeへのサインインに利用したいメールアドレス(Microsoftアカウント)を入力して、「次へ」をタップします。

* Microsoftアカウントを持っていない場合は、「アカウントの作成」をタップすることで、アカウントの作成画面を表示することができます。

* 下部の「後でサインイン」をタップすることで、サインインすることなく各アプリを使用することができます。サインインしない場合、ファイルの新規作成や編集はできませんが、後にサインインすることも可能です。

Microsoft Office for iPhone
1. 使用するOfficeアプリを起動します
iPhoneでMicrosoft Officeにサインインする
2. 「サインイン」をタップします
iPhoneでマイクロソフト オフィスにサインインする
3. サインインに使用するメールアドレスを入力して、「次へ」をタップします

「Microsoft Office」アプリでサインインする

「Microsoftアカウント」「パスワード」を入力して、「サインイン」をタップします。「無料で作成および編集する」をタップすることで、無料でファイルの新規作成や編集などが可能になります。

Microsoftアカウントとパスワードを入力してサインインする
1. 「アカウント」と「パスワード」を入力して、「サインイン」をタップします
無料で作成および編集する
2. 「無料で作成および編集する」をタップします
iPhoneでオフィスファイルを編集・作成する
3. 無料でファイルの新規作成や、編集を行うことができます

「Microsoftアカウント」でサインインしていない場合

「Microsoftアカウント」でサインインしていない場合、ファイルの新規作成・編集ができません。「アカウント」タブなどから「サインイン」をタップ、サインイン画面を表示してサインインすることで、ファイルの新規作成・編集が可能になります。

読み取り専用
iPhoneでオフィスにサインインする
ドキュメントを作成または編集するにはサインインします

Word/Excel/PowerPointアプリでファイルを印刷する

iPhoneの「Word/Excel/PowerPoint」アプリでは、アプリからファイルを直接AirPrint対応プリンターで印刷することができます。

画面上部の「ファイル」から「プリント」を選択します。「プリンタオプション」でAirPrint対応プリンターを選択し、範囲や部数を指定、「プリント」をタップすることで印刷できます。

AirPrintの設定方法については「iPhoneでの"AirPrint"の設定方法と使い方」をご覧ください。

Office for iPhoneでファイルを印刷する
1. 「ファイル」アイコンをタップします
Office for iPhoneでプリントを選択する
2. 「プリント」を選択します
Office for iPhoneアプリで書類を印刷する
3. 使用するプリンタ、部数、範囲等を指定して「プリント」をタップします

Dropboxと連携する(Dropboxからファイルを開く・保存する)

「Word」「Excel」「PowerPoint」アプリをオンラインストレージサービス「Dropbox」と連携させることで、「Dropbox」に保存されているファイルを編集・保存することが可能です。

「サービス/場所の追加」画面から「Dropbox」を選択する

画面下部の「アカウント/開く」タブから「サービス/場所の追加」を選択して、「Dropbox」をタップします。

サービスの追加
1. 「アカウント/開く」タブから「サービス/場所の追加」を選択します
Dropbox
2. サービス/場所の追加画面から「Dropbox」を選択します

「Dropbox」にサインインして連携を許可する

サインイン画面から「Dropbox」にサインインすることで、「Dropbox」と接続できます。

「Dropbox」アプリをインストールしていない場合

「Dropbox」のサインイン画面から「メールアドレス」「パスワード」を入力して「Sign In」をタップします。「Dropbox」が"接続済みサービス"に追加され、Dropboxのファイルの編集・保存が可能になります。

オフィスアプリでDropboxへのサインイン画面が表示される
1. 「Dropbox」へのサインイン画面が表示されます
Dropboxにサインインする
2. 「メールアドレス/パスワード」を入力し、「Sign In」をタップします
iPhoneでオフィスとDropboxを連携する
3. Dropboxと接続され、ファイルの編集・保存が可能になります

「Dropbox」アプリをインストールしている場合

iPhoneに「Dropbox」アプリがインストールされている場合、「Dropbox」アプリに切り替わるので「許可」をタップします。「Dropbox」が"接続済みサービス"に追加され、Dropboxのファイルの編集・保存が可能になります。

なお、iPhoneの「Dropbox」アプリでログインしていない場合は、「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインする必要があります。

Dropboxアプリでログインする
1. 「Dropbox」アプリでログインしていない場合は、ログインします
iPhoneのオフィスアプリとDropboxとの連携を許可する
2. 「許可」をタップします
iPhoneでOfficeアプリとDropboxを連携する
3. Dropboxと接続され、ファイルの編集・保存が可能になります

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/app/microsoft_office_iphone.htm


このページへのリンクタグ: iPhone版Office(Word/Excel/PowerPoint)アプリの使い方と設定方法 - Wave+ アプリ
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV