iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneでの「スタンバイ」の設定方法と使い方

本ページ内には広告が含まれます

スポンサーリンク

iPhoneでの「スタンバイ」の設定方法と使い方

ここではiPhoneでの「スタンバイ」の設定方法と使い方を紹介しています。

iPhoneでコントロールセンターが出ない場合の対処法

iPhoneの「スタンバイ」機能では、iPhoneを充電スタンドなどに横向きに固定することで、時計やウィジェット、写真などを自動的に表示してスマートディスプレイのように利用できます。

* スタンバイ機能は「iOS17」以降をインストールしたiPhoneで利用できます。

* スタンバイ画面を常時表示しておくには、常時表示ディスプレイ搭載のiPhone(iPhone 14 Pro/Pro MaxおよびiPhone 15 Pro/Pro Max)が必要です。

目次:
スタンバイで表示できる3つのモードについて
iPhoneでスタンバイ機能を有効にする
iPhoneでスタンバイ機能を利用する
iPhoneのスタンバイで夜間モードを利用する
iPhoneのスタンバイを一定時間後に自動的にオフにする

スタンバイで表示できる3つのモードについて

iPhoneのスタンバイ機能では、ウィジェット・写真・時計の3つのモードを表示できます。

ウィジェット

左右に2つのウィジェットを配置して表示できます。画面を上下にスワイプすることでウィジェットを変更したり、編集画面から新規ウィジェットを追加したり削除したりすることができます。

iPhoneのスタンバイでウィジェットを表示する

写真

「写真」アプリ内に保存されている写真から、"都市"や"自然"などのテーマ別に写真を表示できます。また、「写真」アプリの"マイアルバム"から指定してお気に入りの写真を表示することも可能です。

iPhoneのスタンバイで写真を表示する

時計

アナログ時計、デジタル時計、世界時計などの5つのスタイルから時計を選択・表示できます。編集画面では時計のカラーの変更も可能となっています。

iPhoneのスタンバイで時計を表示する

iPhoneでスタンバイ機能を有効にする

iPhoneのデフォルト設定では、スタンバイ機能はあらかじめオンになっていますが、スタンバイ機能のオン/オフを切り替えたい場合は「設定」アプリから「スタンバイ」を選択してオン/オフにできます。

iPhoneでスタンバイの設定画面を表示する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
iPhoneでスタンバイを有効にする
2. 「スタンバイ」を選択します
iPhoneで「スタンバイ」をオンにする
3. 「スタンバイ」のオン/オフが切り替え可能です

iPhoneでスタンバイ機能を利用する

iPhoneのスタンバイ機能は、iPhoneが充電中で、横向きに傾けて固定されている場合に自動的に切り替わります。

iPhoneでスタンバイ機能を利用するための条件

スタンバイ機能を利用するための条件

iPhoneのスタンバイ画面は、以下の条件を満たした場合に自動的に表示されます。

■ iPhoneがロックされている

iPhoneのロック画面が表示されている状態で充電器に接続します。

■ iPhoneが充電されている

MagSafeまたはQi規格のワイヤレス充電、または充電ポートにケーブルを接続して充電します。

■ iPhoneを横向きに傾けて固定されている

机の上などに平置きしてもスタンバイモードに切り替わりません。iPhoneを横向きに45度~90度くらい角度をつけて固定します。

MagSafe対応充電器で素早くスタンバイモードに移行可能

MagSafe充電機能を搭載した「iPhone 12」以降のiPhoneの場合、スタンバイモード対応のMagSafe充電器を利用することで、マグネットで充電器に接続時に素早くスタンバイモードを表示することができます。

Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand Lite ワイヤレス充電器

Amazonで詳細を見る

Belkin 3 in 1 MagSafe充電器 最大15W高速充電 ワイヤレス充電器

Amazonで詳細を見る

Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo) (マグネット式 8-in-1 ワイヤレス充電ステーション)

Amazonで詳細を見る

スタンバイでウィジェット・写真・時計モードを切り替える

スタンバイを表示中にiPhoneの画面を左右にスワイプすることで、ウィジェット・写真・時計モードに切り替えることができます。

さらに各モードの画面を上下にスワイプすることで、ウィジェット・写真・時計の表示内容やテーマ、スタイルを変更することができます。

iPhoneのスタンバイで画面を切り替える

ウィジェット・写真・時計モードの編集画面を表示する

ウィジェット・写真・時計の各モードで画面上を長押しすることで、それぞれの編集画面を表示することができます。

ウィジェットモードでは任意の"ウィジェット"の追加や削除、写真モードでは「写真」アプリで作成済みのアルバムの追加や削除、時計モードではカラーの変更などを行うことができます。

iPhoneのスタンバイで画面をカスタマイズする

音楽などの再生中画面を表示する

iPhoneで音楽などを再生中の場合は、スタンバイ画面上に「再生中」のアイコンが表示され、タップすることでコントロール画面を表示することができます。

なお、"再生中画面"を閉じるに画面の下から上にスワイプします。

iPhoneのスタンバイで音楽などの再生画面を表示する

iPhoneのスタンバイで夜間モードを利用する

夜間など周囲が暗い場合に"夜間モード"を利用することで、スタンバイの画面を赤い色調で表示することができます。

iPhoneのスタンバイで夜間モードを利用する

iPhoneのスタンバイ機能で"夜間モード"を利用したい場合は、「設定」アプリから「スタンバイ」を選択して「夜間モード」をオンにします。

iPhoneでスタンバイの設定画面を表示する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
iPhoneのスタンバイで夜間モードを利用する
2. 「スタンバイ」を選択します
iPhoneのスタンバイ設定で「夜間モード」をオンにする
3. 「夜間モード」をオンにします

iPhoneのスタンバイを一定時間後に自動的にオフにする

『iOS17.1』以降の常時表示ディスプレイを搭載したiPhone(iPhone 14 Pro/Pro MaxおよびiPhone 15 Pro/Pro Max)では、スタンバイ画面を一定時間後に自動的にオフにできます。

常時表示ディスプレイを搭載したiPhoneで"スタンバイ"の設定画面から「画面表示」を選択し、以下の3つのオプションから選択します。

■ 自動

iPhoneが使用されておらず、部屋が暗い場合に一定時間後に自動的に画面がオフになります。なお、"自動"を選択している場合は「動かすとスリープ解除」オプションが使用可能となり、夜間にiPhoneを動かすと自動的にスタンバイがオンになります。

■ 20秒後

スタンバイモードになった20秒後に自動的に画面がオフになります。

■ しない

スタンバイモードは自動的にオフにならず、スタンバイ画面が常時表示されます。なお、"しない"を選択している場合は"夜間モード"はオフにできません。

iPhoneでスタンバイモードを自動的にオフにする
1. 「設定」アプリで「スタンバイ」を選択します
iPhoneのスタンバイで一定時間後に自動的に画面をオフにする
2. 「画面表示」を選択します
iPhoneのスタンバイ設定で自動的に画面表示をオフにする
3. 「自動」「20秒後」「しない」から選択できます

スポンサーリンク

【Amazon】人気のiPhoneランキング

 更新日時:2024/2/22 15:10

【Kindleセール】人気マンガ最大50%ポイント還元

 更新日時:2024/2/22 15:00


ニセモノの錬金術師 2

¥748
45%ポイント還元

異世界サムライ 3

¥748
45%ポイント還元

キングダム 71

¥680
26%ポイント還元

天国大魔境(10)

¥759
26%ポイント還元

北北西に曇と往け 7

¥792
45%ポイント還元

ダンジョン飯 14巻

¥776
50%ポイント還元

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV