iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneの「ファイル」で書類をスキャンしてPDFで保存する

スポンサーリンク

iPhoneの「ファイル」で書類をスキャンしてPDFで保存する

ここではiPhoneの「ファイル」で書類をスキャンしてPDFで保存する方法を紹介しています。

iPhoneのファイル管理アプリ「ファイル」では、書類をカメラで撮影(スキャン)してPDFとして、ファイル内の任意の場所(フォルダ)に保存することができます。

* iPhoneの「ファイル」アプリでの書類のスキャンは、『iOS13』以降で利用可能です。

目次:
iPhoneの「ファイル」で書類をスキャンしてPDFで保存する
iPhoneの「ファイル」でスキャンした書類(PDF)を表示する

iPhoneの「ファイル」で書類をスキャンしてPDFで保存する

iPhoneの「ファイル」アプリで、書類をスキャンしてPDFで保存します。

1. 「ファイル」アプリで「書類をスキャン」をタップする

iPhoneで「ファイル」アプリを起動します。「ブラウズ」タブから「…」アイコンをタップして、表示される「書類をスキャン」をタップします。

iPhoneで「ファイル」アプリを起動する
1. 「ファイル」アプリを起動します
iPhoneのブラウズから「…」アイコンをタップする
2. 「ブラウザ」タブから「…」アイコンをタップします
iPhoneのファイルで書類をスキャンする
3. 「書類をスキャン」をタップします

2. 「ファイル」アプリで書類をスキャンする

iPhoneでカメラが起動するので、スキャンしたい書類が画面内に収まるように調節します。

「自動シャッター」がオンの場合

自動シャッターがオンの場合は、画面内に書類が収まるように位置を合わせることで自動的にスキャン(撮影)することができます。

スキャンした書類を保存する場合は「保存」をタップします。またスキャン後にそのまま次の書類のスキャンを行うこともできます。

iPhoneのファイルで書類を自動スキャンする
1. 「自動シャッター」がオンの場合は自動的に撮影されます
iPhoneのファイルで書類を自動的にスキャンする
2. 書類をスキャンできます
iPhoneのファイルで自動スキャンした書類を保存する
3. スキャンした書類を保存するには「保存」をタップします

「自動シャッター」がオフの場合

自動シャッターがオフの場合は、画面内に書類が収まるように位置を合わせて「シャッターボタン」をタップして書類をスキャン(撮影)します。

撮影後に角をドラッグしてスキャンする範囲を調整して「スキャンを保持」をタップ、続けてスキャンした書類を保存する場合は「保存」をタップします。

iPhoneのファイルで書類を手動でスキャンする
1. 「シャッターボタン」をタップします
iPhoneのファイルで書類スキャンを保持する
2. 範囲を調節して「スキャンを保持」をタップします
iPhoneのファイルでスキャンした書類を保存する
3. スキャンした書類を保存するには「保存」をタップします

3. 「ファイル」アプリでスキャンした書類の保存先を選択する

保存先のフォルダを選択して「保存」をタップします。選択した保存先にスキャンした書類がPDFで保存されます。

iPhoneで「ファイル」アプリを起動する
1. 保存先フォルダを指定します
iPhoneのブラウズから「…」アイコンをタップする
2. 「保存」をタップします
iPhoneのファイルで書類をスキャンする
3. 選択した場所にスキャンした書類が保存されます

iPhoneの「ファイル」でスキャンした書類(PDF)を表示する

iPhoneで「ファイル」アプリを起動します。書類(PDF)を保存した場所(フォルダ)を選択することで、スキャンした書類(PDF)を表示できます。

iPhoneで「ファイル」アプリを起動する
1. 「ファイル」アプリを起動します
iPhoneのファイルでスキャンした書類を表示する
2. 保存した場所(フォルダ)を選択します
iPhoneのファイルでスキャンしたPDFを表示する
3. スキャンした書類(PDF)を表示できます

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV