HOME > iPhone > iPhoneの使い方 >

本ページ内には広告が含まれます

iPhoneのカメラでフラッシュを常にオフ(発光禁止)にする

ここではiPhoneのカメラでフラッシュを常にオフ(発光禁止)にする方法を紹介しています。

iPhoneでフラッシュを常にオフの状態でカメラを起動する

iPhoneの標準カメラでフラッシュの設定が"自動"となっている場合、暗い場所などでの撮影時に自動でフラッシュがオンになります。

暗い場所などでもフラッシュを発光させたくない場合は、あらかじめフラッシュの設定をオフにしておくことで、自動的にフラッシュがオンにならなくなります。

また、一度フラッシュをオフにするとその設定が記憶され、次回カメラを起動する際もフラッシュをオフにした状態で起動できます(フラッシュをオンにしない限り常にオフの状態を保持できます)。

目次:
フラッシュの強制オフ(発光禁止)とは
iPhoneのカメラでフラッシュを常にオフにする

フラッシュの強制オフ(発光禁止)とは

iPhoneの「カメラ」アプリでは画面上部にある"フラッシュ"アイコンから現在の設定を確認可能となっており、"フラッシュ"アイコン上に斜線がある場合は"強制オフ"の設定となっており、暗い場所などでも発光しません。

iPhoneのカメラでフラッシュ設定を強制オフ(発光禁止)にする

iPhoneのカメラでフラッシュを常にオフにする

iPhoneのカメラで「フラッシュ」を一度"オフ"にすることで、次にフラッシュを"オン"にするまでカメラを起動しても"常にオフ(発光禁止)"の状態にすることができます。

画面上部の「フラッシュ」アイコンからオフにする

iPhoneのホーム画面で「カメラ」をタップします。画面上部のフラッシュアイコンをタップして「強制オフ」にすることで発光禁止となります。

「強制オフ」の状態になっている限りフラッシュの発光は禁止となり、次回フラッシュをオンにするまで常にオフになります。

iPhoneの標準カメラでフラッシュの設定を変更する
1. 「カメラ」を起動します
iPhoneのカメラでフラッシュをオフにする
2. 「フラッシュ」のアイコンをタップします
iPhoneのカメラでフラッシュを常に強制オフにする
3. 強制オフに設定します

フラッシュの設定画面からオフにする

iPhoneで「カメラ」アプリを起動し、画面上部の「↑」アイコンまたは画面を上にスワイプします。カメラの設定画面から「フラッシュ」アイコンをタップして「フラッシュオフ」を選択することで、"強制オフ"にできます。

"強制オフ"の状態になっている限りフラッシュは発光禁止となり、次回フラッシュをオンにするまで常にオフの状態が保持されます。

iPhoneのカメラでフラッシュの設定画面を表示する
1. 「↑」をタップまたは画面を上にスワイプします
iPhoneのカメラでフラッシュを常にオフにする
2. 「フラッシュ」アイコンをタップします
iPhoneのカメラでフラッシュをオフにした状態で起動する
3. 「フラッシュオフ」をタップします

【Amazon】人気のiPhoneランキング

 更新日時:2024/06/13 17:10

【Kindleセール】人気Kindleマンガ最大49%ポイント還元

 更新日時:2024/06/13 17:00

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV