Apple Watch > Apple Watchの基本情報 > Apple Watch Series 5/4/3の比較と違い

スポンサーリンク

Apple Watch Series 5/4/3の比較と違い

2019年9月に発売された「Apple Watch Series 5」では、ディスプレイの常時表示が可能となったほか、コンパスを内蔵し文字盤で方角を確認可能となっています。

ここでは、2018年発売の前モデル「Apple Watch Series 4」、および併売されている2017年発売モデルとなる「Apple Watch Series 3」との違いを比較しています。

「Apple Watch Series 5/4」のケースは44mm/40mm

「Apple Watch Series 5」と「Apple Watch Series 4」のケースのサイズは44mm/40mmと同じとなっており、「Apple Watch Series 3」以前のケースサイズ42mm/38mmから大型化されています。

なお、バンドは44mm⇔42mm、40mm⇔38mmでそれぞれ相互利用可能となっています。

Apple Watch Series 5 4 3 前面
左からSeries 5/4/3
Apple Watch Series 5 4 3 背面左からSeries 5/4/3

「Apple Watch Series 5」と「Apple Watch Series 4」の背面には第2世代の光学式心拍センサーを搭載、また「Apple Watch Series 3」よりマイクとスピーカ―の位置も変更され、音量が最大50%向上、ハウリング(反響)も低減しています。

「Apple Watch Series 5」ではケース素材にアルミニウム、ステンレスのほか、「Apple Watch Series 4」では用意されていなかったセラミックが復活、チタニウムが新たに追加されています。

Series 5ではディスプレイの常時点灯が可能

「Apple Watch Series 5」と「Apple Watch Series 4」では「Apple Watch Series 3」より、ディスプレイの表示領域がそれぞれ30%以上拡大しています。

さらに「Apple Watch Series 5」ではディスプレイの常時点灯が可能です。スリープ状態ではバッテリーの節約のため若干画面が暗くなったり、秒針が非表示になったりはするものの、腕を上げる動作をしなくても、時間の確認を行うことが可能となっています。

Apple Watch 44mmと42mm 比較
Series3(左)とSeries 5(右)
Apple Watch 40mmと38mm 比較 Series3(左)とSeries 5(右)のスリープ時

Series 5ではコンパス機能を新搭載

「Apple Watch Series 5」では新たに「コンパス」アプリが利用可能です。ホーム画面から「コンパス」アプリを起動、または文字盤上にコンパスを追加して利用することができます。

Apple Watch バンド 44mm 42mm
「コンパス」アプリ
Apple Watch バンド 互換性 文字盤上に表示可能

Series 5/4は最大2倍処理速度が高速化

「Apple Watch Series 5」搭載の「S5」プロセッサ、「Apple Watch Series 4」搭載の「S4」プロセッサは、「Apple Watch Series 3」の「S3」と比較して最大2倍パフォーマンスが高速化しています。

Apple Watch Series 4 CPU
Apple Watch Series 5
Apple Watch Series 3 CPU Apple Watch Series 3

Series 5/4にはクリック感のあるデジタルクラウンが搭載

「Apple Watch Series 5」および「Apple Watch Series 4」のデジタルクラウンでは"Taptic Engine"と呼ばれる振動モーターにより、スクロールした際などに短く振動し、"触覚的な反応(クリック感)"を得ることができます。

なお"触覚的な反応(クリック感)"は、Apple Watchの「サウンドと触覚」設定画面からオン/オフの切り替えが可能となっています。

Apple Watch Series 4 クリック感
スクロール時にクリック感が追加
Apple Watch Series 4 触覚 クリック感はオン/オフ可能

Series 5/4で利用可能なその他の機能

転倒検出機能

新しい加速度センサーとジャイロスコープにより、「Apple Watch Series 5」および「Apple Watch Series 4」では転倒を検知することが可能となっています。事故と思われる転倒を検知した場合はアラート(通知)が表示され、反応がない場合は自動的に緊急通報が自動的に発信されます。

転倒検出機能は、iPhoneの「Apple Watch」アプリから機能の設定を変更できます。

心電図機能

「Apple Watch Series 5」および「Apple Watch Series 4」では、背面の「電気心拍センサー」とデジタルクラウンを利用して心電図を作成することができます。

日本では「iOS 14.4」と「watchOS 7.3」にアップデートすることで利用可能となっています。

容量

音楽や写真の保存などに使用するストレージ容量が、「Apple Watch Series 5」では32GBと「Apple Watch Series 4」や「Apple Watch Series 3(セルラーモデル)」の16GBより倍増しています。なお、「Apple Watch Series 3(GPSモデル)」の容量は8GBとなっています。

スペック比較

「Apple Watch Series 5」「Apple Watch Series 4」「Apple Watch Series 3」のスペックを比較しています。

  Series 5 Series 4 Series 3
ケース 44mm/40mm 42mm/38mm
厚み 10.7mm 11.4mm
画面
44mm:368 x 448ピクセル
(977mm2)
42mm:312 x 390ピクセル
(740mm2)
40mm:324 x 394ピクセル
(759mm2)
38mm:272 x 340ピクセル
(563mm2)
CPU S5
(64ビットデュアルコア)
S4
(64ビットデュアルコア)
S3
(デュアルコア)
容量 32GB 16GB 16GB(セルラー)
8GB(GPS)
バッテリー 最大18時間
その他 電気心拍センサー
転倒検出
クリック感のあるクラウン
Bluetooth 5.0
-
-
-
Bluetooth 4.2

価格

2019年9月時点のラインナップおよび価格(税別)は下記となります。なお、下記とは別にコラボモデルとなる「Apple Watch Nike+」および「Apple Watch Hermès」も販売されています。

Apple Watch Series 5

ケース アルミニウム ステンレススチール
40mm 42,800円~(GPS) 72,800円~(セルラー)
53,800円~(セルラー)
44mm 45,800円~(GPS) 77,800円~(セルラー)
56,800円~(セルラー)

Apple Watch Series 5 Edition

ケース チタニウム セラミック
40mm 82,800円~(セルラー) 133,800円~(セルラー)
44mm 87,800円~(セルラー) 138,800円~(セルラー)

Apple Watch Series 5の詳細をApple Storeで見る

Apple Watch Series 3

ケース アルミニウム
38mm 19,800円(GPS)
30,800円(セルラー)
42mm 22,800円(GPS)
33,800円(セルラー)

Apple Watch Series 3の詳細をApple Storeで見る

関連情報

スポンサーリンク

iPhone 13/13 Proの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/applewatch/startguide/compare-applewatch-s5-s4-s3.html


このページへのリンクタグ: Apple Watch Series 5/4/3の比較と違い - Apple Watch Wave
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV