アプリ > PayPay(ペイペイ)の使い方 > iPhoneのアクションボタンを押して「PayPay」を起動する

本ページ内には広告が含まれます

スポンサーリンク

iPhoneのアクションボタンを押して「PayPay」を起動する

iPhoneのアクションボタンを押して「PayPay」を起動する方法

iPhone側面に搭載されている「アクションボタン」を押して、スマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」を起動します。

iPhone 15 Proなどに搭載されている「アクションボタン」に「PayPay(ペイペイ)」を設定することで、アクションボタンを押して素早く「PayPay(ペイペイ)」の決済画面を表示することができます。

目次:
iPhoneのアクションボタンに「PayPay」を設定する
iPhoneのアクションボタンを長押しして「PayPay」を起動する

iPhoneのアクションボタンに「PayPay」を設定する

iPhoneのアクションボタンに「PayPay」アプリを設定することで、アクションボタンを長押しして「PayPay」アプリを起動させることができます。

1. iPhoneでアクションボタンの設定画面を表示する

iPhoneで「設定」アプリを起動します。「アクションボタン」からアクションボタンの設定画面を表示し、画面をスワイプして「ショートカット」を選択します。

iPhoneでアクションボタンの設定画面を表示する
1. iPhoneで「設定」アプリを起動します
PayPayアプリをiPhoneのアクションボタンから起動する
2. 「アクションボタン」を選択します
iPhoneのアクションボタンにPayPayを割り当てる
3. 画面をスワイプして「ショートカット」を選択します

2. アクションボタンに「PayPay」アプリを設定する

「ショートカットを選択」をタップして「アプリを開く」を選択します。アプリの選択画面が表示されるので、一覧から「PayPay」を選択します。

iPhoneのアクションボタンにショートカットを設定する
1. 「ショートカットを選択」をタップします
iPhoneのアクションボタンで「PayPay(ペイペイ)」アプリを起動する
2. 「アプリを開く」を選択します
iPhoneのアクションボタンに「PayPay(ペイペイ)」アプリを設定する
3. 「PayPay」を選択します

3. アクションボタンに「PayPay」が設定される

iPhoneのアクションボタンに「PayPayを開く」が設定されたら、アクションボタンの設定画面を閉じます。

* iPhoneのアクションボタンを短く押すと、設定されているアプリを確認できます。

iPhoneのアクションボタンにPayPayアプリが設定される
1. ショートカットに「〇〇(アプリ名)を開く」と表示されます
iPhoneのアクションボタンでPayPayを開く
2. 「設定」をタップしてアクションボタンの設定画面を閉じます
iPhoneのアクションボタンを長押ししてPayPayを開く
3. アクションボタンを短く押してアプリを確認できます

iPhoneのアクションボタンを長押しして「PayPay」を起動する

iPhoneの本体側面にある「アクションボタン」を長押しすることで「PayPay(ペイペイ)」アプリを起動することができます。

* ロック画面から起動する場合は、Face ID(顔認証)でロックを解除する必要があります。

iPhoneのロック画面からPayPayアプリを起動する
1. ロック画面の場合は顔認証(Face ID)でロック解除します
アクションボタンを長押ししてPayPayアプリを起動する
2. 「アクションボタン」を長押しします
iPhoneのアクションボタンをを押してPayPayを表示する
3. 「PayPay」アプリが起動します

スポンサーリンク

【PR】iPhone 15シリーズが公式オンラインショップで販売開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV