アプリ > iPod touch/iPhoneでの「LINE」の使い方 > LINE電話の設定方法と使い方

スポンサーリンク

LINE電話の設定方法と使い方

LINE電話は、「LINE」アプリから国内外の固定・携帯電話に低料金で発信できるIP電話サービスです。LINE電話用のクレジットを購入・チャージすることで、LINEアプリから低料金で固定・携帯電話に発信・通話することができます。

目次:
LINE電話とは
LINE電話の通話料
LINE電話を利用する際の確認・注意事項
LINEアプリでLINE電話の利用を開始する
LINE電話のクレジットをチャージする
LINE電話で固定・携帯電話に電話(発信)する
ホーム画面からLINE電話の利用画面を表示する

LINE電話とは

LINE電話は、「LINE」アプリから国内外の固定・携帯電話に低料金で発信できるIP電話サービスです。「LINE」アプリを利用して電話が利用できるので、新たなアプリのインストールや初期設定などは必要なく、すぐに利用を開始することができます。

LINE電話の特徴として、
・ 一般の携帯電話よりも低料金で利用可能
・ 事前に通話料分のクレジットをチャージするプリペイド式
・ ドコモ端末以外は発信者番号の通知が可能

などがあります。

LINE電話のプランと通話料

LINE電話は、事前に通話料分のクレジットを購入して、LINEアカウントにチャージするプリペイド式になっており、「LINEアプリ」または「LINE STORE」からチャージすることができます。

LINE電話には、必要な時に必要な通話時間分だけクレジットをチャージする「コールクレジット」と、購入から30日間60分お得に通話できる「30日プラン」の2つの料金プランが用意されています。

通話料

  固定電話宛て 携帯電話宛て
コールクレジット

3円/分

14円/分
30日プラン
固定 2円/分*1 -
固定+携帯 6.5円/分*2
*1 30日プラン日本固定60分(120円)を購入し、60分通話した場合
*2 30日プラン日本固定+携帯60分(390円)を購入し、60分通話した場合

コールクレジット

必要な時に必要な分だけチャージできるコールクレジットは、「LINEアプリ」または「LINE STORE」で購入・チャージすることができます。

なお、「LINEアプリ」または「LINE STORE」の購入方法(場所)によって、購入できるクレジットの種類や、購入したクレジットの使用期限などに違いがあります。

  クレジット 使用期限 支払方法
LINEアプリ ・ 100(100円) 無期限 ・ クレジットカード
・ iTunes カード
LINE STORE ・ 100(100円)
・ 320(300円)
・ 540(500円)
・ 1090(1,000円)
・ 3300(3,000円)
・ 5600(5,000円)
180日 ・ クレジットカード
・ 各種電子マネー
・ LINEプリペイドカード

30日プラン

30日プランは、30日間・60分の通話料分を事前にチャージするプランです。コールクレジットと比較して、使用期限が30日間と短くなっていますが、その分通話料がさらに低料金となっており、毎月長時間LINE電話を利用するユーザーにはお得なプランとなります。

30日プランは、「LINE STORE」でのみで購入可能となっており、固定電話のみに発信可能な「固定プラン(120円)」と、固定電話と携帯電話に発信可能な「固定+携帯プラン(390円)」があります。

LINE電話を利用する際の確認・注意事項

LINE電話の利用には電話番号認証が必要

LINE電話を利用するには、LINEアプリで電話番号認証を行っている必要があります。Facebook認証のみでは利用できません。

ドコモの携帯・スマートフォンでは発信者番号が表示されない

LINE電話からの発信も、普段利用しているスマートフォン(iPhone/Android)の電話番号が相手の端末上に表示される発信者番号通知に対応していますが、ドコモの端末では非対応となっており、受信側がドコモの場合"非通知"となります。

一部の番号には発信ができない

LINE電話はIP電話サービスのため、110/119番などの緊急通報や有料ダイヤルなどには利用できません。

LINEアプリでLINE電話の利用を開始する

iPhoneで「LINE電話」の利用を開始するには、「その他」タブから「LINE電話」をタップします。利用規約の同意にチェック後、「利用開始」をタップすることで、LINE電話を表示できます。

* LINE電話は、LINEのバージョン4.3.0以降(iPhoneの場合)で利用が可能です。「その他」タブ内に「LINE電話」が表示されない場合は、最新版のLINEにアップデートする必要があります。

LINEでLINE電話を表示する
1. 「その他」タブから「LINE電話」をタップします
LINE電話の設定画面を表示する
2. 利用規約の同意にチェック、「利用開始」をタップします
LINEでコールクレジット購入画面を表示する
3. LINE電話の利用画面を表示できます

LINE電話のクレジットをチャージする

LINE電話用のクレジットを購入します。LINE電話で発信するには、通話料分のクレジットを事前にLINEアカウントにチャージする必要があります。

LINEコールクレジットを購入する

LINE電話で利用できる「コールクレジット」を購入します。購入したコールクレジットはLINE電話用のクレジットとしてチャージされ、残高分の通話を「LINE電話」で行うことができます。

LINEコールクレジットを購入する方法について詳しくは「LINE電話のコールクレジットを購入する」をご覧ください。

LINEでLINE電話を表示する
1. LINE電話の「設定」アイコンをタップします
LINE電話の設定画面を表示する
2. 「コールクレジット購入」を選択します
LINEでコールクレジット購入画面を表示する
3. 「購入する」をタップしてコールクレジットを購入します

30日プランを購入する

「LINE電話」で利用できる「30日プラン」を購入します。「30日プラン」は30日間60分の通話料分を事前にチャージするプランとなっており、「LINEウェブストア」で購入することが可能です。

「30日プラン」を購入する方法について詳しくは「LINE電話の30日プランを購入する」をご覧ください。

LINEでLINE電話を表示する
1. 「LINE STORE」で「LINE電話」を選択します
LINE電話の設定画面を表示する
2. 「30日プラン」を選択します
LINEでコールクレジット購入画面を表示する
3. 通話先の国・回線を選択し、購入します

LINE電話で固定・携帯電話に電話(発信)する

LINE電話で固定・携帯電話宛てに電話(発信)します。LINE電話は発信者番号通知に対応しているため、着信側に番号を表示させることが可能です(ドコモ端末以外)。

LINE電話で固定・携帯電話宛てに電話(発信)する方法について詳しくは「LINE電話で固定・携帯電話に電話(発信)する」をご覧ください。

LINEでLINE電話を表示する
1. 発信先は番号入力の他、連絡先などからも選択できます
LINE電話の設定画面を表示する
2. 通話先番号を入力・選択し「発信」をタップします
LINEでコールクレジット購入画面を表示する
3. 相手が応答すると通話が開始されます

美容室やレストランなどのお店・施設に無料電話する

「LINE電話」では、美容室やレストラン、ホテル、病院などの全国の約650万のお店・施設に無料で電話をすることができます。カテゴリを指定したり、店名を入力することで、お店を検索できます。

美容室やレストランなどのお店・施設に無料電話する方法について詳しくは「LINE電話で美容室やレストランなどのお店・施設に無料電話する」をご覧ください。

LINE電話
1. 「LINE電話」アイコンをタップします
LINE電話でお店に無料電話する
2. 上部のタブから「お店」を選択します
LINE電話で無料電話可能なお店一覧を表示する
3. お店一覧から電話したい店舗を選択します

ホーム画面からLINE電話の利用画面を表示する

「LINE」アプリのバージョン4.6.0以降では、LINE電話へのショートカットをホーム画面に追加することができます。ホーム画面の「LINE電話」アイコンをタップすることで、LINE電話の利用画面を直接表示することができます。

ホーム画面からLINE電話を起動する方法について詳しくは「LINE電話へのショートカットをホーム画面に作成する」をご覧ください。

LINE電話設定
1. LINE電話設定画面から「ホーム画面にショートカットを作成」を選択します
ホーム画面にLINE電話へのショートカットを追加する
2. LINE電話へのショートカットをホーム画面に追加します
iPhoneのホーム画面からLINE電話を起動する
3. ホーム画面で「LINE電話」アイコンをタップして直接起動できます

スポンサーリンク

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV