HOME > News >

本ページ内には広告が含まれます

アップルが「iOS 18」「iPadOS 18」「watchOS 11」を発表 - 2024年秋リリース

アップルは、iPhone向け「iOS」の次期メジャーアップデートとなる「iOS 18」やiPad向けの「iPadOS 18」、Apple Watch向けの「watchOS 11」を2024年秋にリリースすることを発表しています。

iOS 18

iOS18

『iOS18』 では、ホーム画面やコントロールセンターをよりカスタマイズすることが可能となり、ホーム画面の任意の場所にアプリやウィジェットを配置したり、アプリアイコンの色を変更したりすることが可能となります。

また、アプリをロックして、開くためにFace IDやTouch ID、パスコードの入力を必要としたり、アプリをホーム画面から非表示にすることもできます。

新しく追加される「パスワード」アプリではすべてのパスワード情報を安全に保存することが可能で、iPhone、iPad、MacおよびWindowsで同期できます。

ゲームモードも追加され、バックグラウンドの処理を最小限に抑えることで、ゲームを高フレームレートで長時間プレイ可能になるほか、AirPods使用時の音声遅延が短縮、ゲームコントローラーの応答性も向上します。

『iOS 18』の対応デバイスは下記となっています。

- iPhone 15/15 Plus/15 Pro/15 Pro Max
- iPhone 14/14 Plus/14 Pro/14 Pro Max
- iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max
- iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max
- iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max
- iPhone XR/XS/XS Max
- iPhone SE(第2世代以降)

iPadOS 18

iPadOS18

「iPadOS 18」では、ホーム画面上でアプリやウィジェットを好きな場所に配置できるようになったほか、アプリをロックしたり非表示にできます。

また、コントロールセンターも再設計され、コントロールのグループ表示が可能となり、レイアウトのカスタマイズやサイズの変更なども行えます。

メモアプリでは、スマートスクリプト機能により手書きの文章を読みやすいように自動で修正され、手書きで入力したテキストの貼り付けや修正、削除などもできるほか、メモ内で音声を録音して文字で起こしなども可能となっています。

新たに「計算機」アプリも追加され、手書きで書いた数式の計算も可能です。

『iPadOS 18』の対応デバイスは下記となっています。

- iPad Pro (M4)
- iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)
- iPad Pro 11インチ(第1世代以降)
- iPad Air(M2)
- iPad Air(第3世代以降)
- iPad(第7世代以降)
- iPad mini(第5世代以降)

watchOS 11

watchOS 11

『watchOS 11』では、20言語に対応した「翻訳」アプリが追加され、音声入力で翻訳を表示することが可能なほか、言語をダウンロードしておくことでiPhoneがなくても翻訳アプリが使用できます。

また、睡眠時に装着して健康状態を把握できる「バイタル」アプリが追加され、心拍数、呼吸数、血中酸素濃度、睡眠時間などの健康指標をまとめて確認することができます。

『watchOS 11』の対応デバイスは下記となっています(iOS18搭載のiPhone XS以降が必要です)。

- Apple Watch Ultra 2
- Apple Watch Ultra
- Apple Watch Series 8
- Apple Watch Series 7
- Apple Watch Series 6
- Apple Watch SE(第2世代)

【Amazon】人気のiPhoneランキング

 更新日時:2024/06/13 17:10

【Kindleセール】人気Kindleマンガ最大49%ポイント還元

 更新日時:2024/06/13 17:00

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV