News > ソフトバンク・ワイモバイルが2022年6月以降に「iOS 11」の対象iPhoneで4Gデータ通信が一部利用不可になることを案内

スポンサーリンク

ソフトバンク・ワイモバイルが2022年6月以降に「iOS 11」の対象iPhoneで4Gデータ通信が一部利用不可になることを案内

ソフトバンクおよびワイモバイルは、2022年6月以降、一部の対象iPhoneにて「iOS11」を利用している場合に、サービスエリアの一部でSoftBank 4G/SoftBank 4G LTEでのデータ通信が利用できなくなることを発表しています。

ワイモバイル iOS11のiPhoneで4Gデータ通信利用不可

SoftBank 5Gのエリア拡大や高度化に伴うネットワークアップデートが理由となっており、「iOS 11」を搭載した下記対象iPhoneの場合は、2022年6月以降順次、サービスエリアの一部で4G/4G LTEでのデータ通信が利用不可となり、3G通信のみの提供となることが案内されています。

・ iPhone 6/6 Plus
・ iPhone 6s/6s Plus
・ iPhone 7/7 Plus
・ iPhone 8/8 Plus
・ iPhone SE(第1世代)
・ iPhone X

なお、「iOS 12」以降にアップデートすることで、従来通りSoftBank 4G/SoftBank 4G LTEの利用が可能で、対象iPhoneを利用の場合は最新のiOSへのアップデートが推奨されています。

ソフトバンクでは当初、2022年4月以降に4G/4G LTEでのデータ通信が利用不可となることが案内されていましたが、ネットワークアップデート実施の時期が変更になったことにより、2022年6月以降に変更となっています。

iPhoneでiOS 11をご利用になる際の注意事項 | ソフトバンク

iPhoneでiOS 11をご利用になる際の注意事項 | ワイモバイル

スポンサーリンク

iPhone 13/13 Proの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV