News > アップルが「watchOS 5」を発表 - 初代Apple Watchは非対応

スポンサーリンク

アップルが「watchOS 5」を発表 - 初代Apple Watchは非対応

アップルは、Apple Watch向けOS「watchOS」の次期メジャーアップデートとなる『watchOS 5』を2018年秋にリリースすることを発表しています。

watchOS 5

『watchOS 5』ではトランシーバーのように利用できる「Walkie-Talkie」アプリや「Podcast」アプリが追加されるほか、運動を開始するとワークアウトが自動検知して自動で計測・履歴を作成してくれる機能などが追加されます。

watchOS 5 対応デバイス

なお『watchOS 5』は2016年発売の「Apple Watch Series 1」以降のApple Watchで利用可能となっており、2015年発売の初代Apple Watchは非対応となっています。

また、『watchOS 5』を利用するためにはiOS12以降搭載の「iPhone 5s」以降のiPhoneが必要です。

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Max/XRの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV