Apple Watch > 『watchOS 6』の主な新機能の使い方

スポンサーリンク

『watchOS 6』の主な新機能の使い方

文字盤

Apple Watchで現在時刻を読み上げて音声で時間を確認する
「watchOS 6」以降を搭載したApple Watchでは、画面上に表示している文字盤上を2本指でタッチすることで現在時刻を音声で読み上げることができます。
Apple Watchで現在時刻を読み上げて音声で時間を確認する
「watchOS 6」以降を搭載したApple Watchでは、消音モード時に文字盤を2本指でタッチすることで、「Tapticタイム」機能による振動により現在時刻を確認することができます。

アプリ

Apple WatchのApp Storeからアプリをダウンロードする
Apple Watchの「App Store」からアプリをダウンロード(購入)します。音声入力で任意のアプリを検索したり、購入済みアプリを一覧表示してアプリを再インストールすることもできます。

Siri

Apple Watchでの「Siri」の使い方
アップルの音声アシスタント機能「Siri」を利用することで、Apple Watchで周囲で流れている音楽の曲名を検索することができます。

スポンサーリンク

iPhone XS/XS Maxの予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/applewatch/howto/watchos6.html


このページへのリンクタグ: 『watchOS 6』の主な新機能の使い方 - Apple Watch Wave
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV