Wave+ レビュー TOP > 【レビュー】アップル純正のバッテリー内臓iPhone用ケース『iPhone 6s Smart Battery Case』

スポンサーリンク

【レビュー】アップル純正のバッテリー内臓iPhone用ケース『iPhone 6s Smart Battery Case』

アップルのバッテリー内臓iPhone用ケース『iPhone 6s Smart Battery Case』を購入し試してみました。

名称に『iPhone 6s』と入っていますが『iPhone 6』および『iPhone 6s』で利用することが可能となっています。

iPhone 6s Smart Battery Case パッケージ

カラーバリエーションは「ホワイト」「チャコールグレイ」の全2色。内容物はケース本体と説明書のみとなっています。

iPhone 6s Smart Battery Case 同梱物

ケース外側はシリコーン製となっており、純正シリコーンケースと同じになっています。ケース内側は柔らかいマイクロファイバー製となっており、iPhone本体をしっかり保護できます。

iPhone 6s Smart Battery Case 内側

ケース下部にLightning端子があり、iPhoneと接続することでケースから給電できます。またスピーカーとマイク用の穴が空いており、ケース前面につながっています。

『iPhone 6s Smart Battery Case』をiPhoneに装着する

『iPhone 6s Smart Battery Case』は、ケース上部のみ曲げることができるようになっており、そこからiPhoneをスライドさせるように装着します。

iPhone 6s Smart Battery Caseを装着する

なおiPhoneをケースから外したい場合も、上部を曲げて本体をスライドさせることで取り出すことができます。

iPhone 6s Smart Battery Caseを外す

『iPhone 6s Smart Battery Case』をiPhoneに装着すると、ケース下部の接続部の分、全長が長くなります。しかし、ホワイトモデルとiPhone 6s ゴールドモデルの組み合わせということもあってか、一体感を感じるデザインとなっています。

iPhone 6s Smart Battery Case 装着

ケース背面はバッテリーが入っている中央部分のみ飛び出した段差のあるデザインとなっています。バッテリー部は厚みがありますが、それ以外の部分は通常のケースとあまり変わらない厚みとなっています。

iPhone 6s Smart Battery Case バッテリー

実際に手に持ってみると、もちろん若干縦に長くなっている印象はありますが、それほど"大きい"という印象は受けません。また背面の段差のせいかホールド感はかなり良く感じます。

iPhone 6s Smart Battery Case 重量

ただ、やはりバッテリー分の重量は感じます。重量を計測してみたところ、純正シリコーンケースを装着した場合との重量差は約80g、ケースを装着しない場合との重量差は約100gになりました。

iPhone 6s + iPhone 6s Smart Battery Case : 243g
iPhone 6s + iPhone 6s シリコーンケース : 162g
iPhone 6s : 144g

『iPhone 6s Smart Battery Case』を充電する

『iPhone 6s Smart Battery Case』下部にはiPhoneと同じくLightiningコネクタが搭載されており、iPhone付属のLightining-USBケーブルでiPhone本体とケースを同時に充電することができます。

Lightining-USBケーブルを接続するとiPhoneの画面上に本体のバッテリー残量が表示されますが、『iPhone 6s Smart Battery Case』を装着している場合は、ケースのバッテリー残量も同時に表示されます。

iPhone 6s Smart Battery Case 充電

また、通知センターから表示できる「バッテリー」ウィジェットからもケースのバッテリー残量を確認することができます。

iPhone 6s Smart Battery Case バッテリー残量

なお、ケースにバッテリーが残っている場合はiPhoneに常に給電され、ケース側のバッテリーが0になるとiPhone本体のバッテリーが減っていきます。

『iPhone 6s Smart Battery Case』のバッテリー容量は1,877mAhとなっており、ビデオ再生は最大20時間(通常11時間)、LTEでのインターネット利用は最大18時間(通常10時間)に延長することができます。

『iPhone 6s シリコンケース』を装着したiPhone 6と比較してみる

『iPhone 6s Smart Battery Case』を装着したiPhone 6sと、『iPhone 6sシリコーンケース』を装着したiPhone 6を比較してみます。

iPad Pro シリコーンケース 上部

Lightining端子で接続する部分があるため縦に長くなっていますが、純正シリコーンケースにバッテリーを搭載したような印象となっています。

iPhone 6s Smart Battery Case シリコーンケース

バッテリー搭載のため『iPhone 6s Smart Battery Case』はだいぶ厚みが増しています。また、『iPhone 6s Smart Battery Case』と『iPhone 6sシリコーンケース』の重量差は約80gとなっています。

iPhone 6s Smart Battery Case シリコーンケース 厚み

Lightning対応のiPhone用アクセサリをそのまま利用可能

『iPhone 6s Smart Battery Case』は下部にiPhoneと同じくLightningコネクタを搭載しているので、Lightning対応のiPhone用アクセサリ「iPhone Lightning Dock」などをそのまま利用することが可能です。

iPhone 6s Smart Battery Case アクセサリ

逆に注意が必要なのがイヤフォン接続で、iPhone付属の「Apple EarPods with Remote and Mic」は問題なく接続可能ですが、ジャック部分がL字型のものや太いものなどは接続できないので、別途アダプタが必要になります。

iPhone 6s Smart Battery Case イヤフォン

『iPhone 6s Smart Battery Case』の価格は11,800円(税別)。

サードパーティー製のバッテリー内臓ケースと比較すると価格が高いですが、Lightning対応iPhone用アクセサリをそのまま利用できたり、iPhone上からバッテリー残量を確認できたりと使いやすい点も多いので、その点や純正の安心感に魅力を感じる方にはオススメです。


 製品名  iPhone 6s Smart Battery Case
 販売元  Apple

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/review/iphone6s_smart_battery_case.htm


このページへのリンクタグ: 【レビュー】アップル純正のバッテリー内臓iPhone用ケース『iPhone 6s Smart Battery Case』 - Wave+ レビュー
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV