Wave+ レビュー TOP > 【レビュー】アップルのワイヤレスイヤフォン『AirPods』

スポンサーリンク

【レビュー】アップルのワイヤレスイヤフォン『AirPods』

アップルのワイヤレスイヤフォン「AirPods」を購入・試してみました。

「AirPods」は専用開発されたW1チップを搭載、ケーブルレスの完全ワイヤレスのBluetoothイヤフォンとなっています。

AirPods パッケージ

パッケージにはAirPods本体のほかに充電ケース、またLightining-USBケーブルが同梱しています。充電ケースはバッテリーを内蔵しており、Lightning-USBケーブルで充電することができます。

AirPods 内容物

AirPodsのバッテリー持続時間は単体で5時間。充電ケースを使用することで、24時間以上の利用が可能となっています。また、急速充電機能もあり、充電ケースで15分充電することで3時間バッテリーが持続します。

AirPods イヤフォン

iPhone 7付属の『EarPods』と比較する

iPhone 7に付属するLightningコネクタタイプの「EarPods」と並べてみました。「AirPods」はまさにケーブルをなくした『EarPods』のような感じとなっており、マイクやバッテリーを内蔵しているため若干大きくなっていますが、装着感はほぼ同じに感じました。『EarPods』が耳に合う人であれば、耳が痛くなって合わないなどの問題は起きないと思います。

AirPodsと EarPodsを比較する

『AirPods』とiOS10搭載「iPhone」のペアリングは非常に簡単

「AirPods」を利用するにはiPhoneとペアリングする必要がありますが、iOS10搭載のiPhoneでは「AirPods」の充電ケースを開けることでiPhone上に自動的に接続画面が表示されます。画面上の「接続」をタップすることで、ペアリングは完了となります。

なお、接続はBluetoothで行うため、iPhoneでBluetoothをオンにしておく必要があります。

AirPodsをiPhoneを接続する

なお、『AirPods』のバッテリー残量はペアリング後に蓋を開けることで画面上に表示できるほか、バッテリーウィジェット上などでも確認することができます。『AirPods』と充電ケース両方のバッテリー残量が確認可能です。

iPhoneでAirPodsのバッテリー残量を確認する

『AirPods』を耳に装着するとオーディオ出力先が自動的に切り替わる

『AirPods』を充電ケースから取り出し、耳に装着すると自動的にオーディオ出力先が『AirPods』に切り替わるので、そのまま音楽を『AirPods』で聴くことなどが可能です。

両耳での使用のほか、片耳のみ装着して音楽を聴いたり電話での通話なども可能でした。

AirPodsで音楽を聴く

両耳に装着しながら音楽やビデオなどを再生中に『AirPods』の片方を耳から外すと、自動的に音楽やビデオの再生が一時停止されます。また再度耳に装着することで再生を再開できます。

ただし、『AirPods』単体では音楽再生時などに曲送りや曲戻しや音量の変更ができません。iPhone上で行うか、『AirPods』をダブルタップすることで"Siri"を呼び出すことができるので、音声での指示が必要になります。

Apple Watchの「ミュージック」アプリから曲選択から再生/停止/曲送り/曲戻しなどのコントロール、音量の変更が可能なので、Apple Watchがあれば音楽再生時の操作性が向上します。

AirPodsでSiriを起動する

なお、Bluetoothの設定画面ではダブルタップした時に動作を「再生/一時停止」に変更したり、自動耳検出の機能のオン/オフの切り替えなどが可能となっています。

AirPodsの設定画面を表示する

同じiCloudアカウントでログインしているiOSデバイスやMacに切り替え可能

iPhoneと同じiCloudアカウントでログインしているiOS10搭載iOSデバイス(iPad/iPod touch)やwatchOS 3搭載Apple Watch、macOS Sierra搭載Macであれば、ペアリングしなくても自動的に接続されるので、接続先を簡単に切り替えることができます。

AirPodsの接続をiPadやMacに切り替える

iOS9搭載のiOSデバイスでも(一部機能の制限はあるものの)利用可能

『AirPods』を収納した状態で充電ケース上にあるボタンを長押しすることでLEDライトが点滅しペアリングモードにすることができます。iOS10へのアップデートが対象外である第5世代 iPod touch(iOS9.3.5)で試したところ、Bluetooth設定画面上に表示される「AirPods」をタップすることで、Bluetooth接続できました。

ダブルタップでのSiriの起動は可能となっていますが、耳から外したり装着することで音楽の再生が自動的に停止したり再生できる自動耳検出機能は利用できないため、一部機能の利用に制限があるようです。

iOS9デバイスをAirPodsに接続する

『AirPods』のアップルストアでの価格は16,800円(税別)。

『AirPods』はケーブルがない完全ワイヤレスということで、走ったり首を振ったりしてもしっかり耳にフィットして外れることはありませんでしたが、耳に装着する際や外す際などに手を滑らせて落としてしまうと、紛失したり壊したりしてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。


 製品名  AirPods
 販売元  Apple

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/review/airpods.htm


このページへのリンクタグ: 【レビュー】アップルのワイヤレスイヤフォン『AirPods』 - Wave+ レビュー
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV