cc

iPhone Wave Top > iPhoneの使い方 > iPhoneでの「AirDrop」の設定方法と使い方

スポンサーリンク

iPhoneでの「AirDrop」の設定方法と使い方

ここではiPhoneでの「AirDrop」の設定方法と使い方を紹介しています。

「AirDrop」は、近くにいる相手(端末)に写真やビデオ、メモ、Webサイト、連絡先などを無線で共有(送受信)できる機能です。iOS7以降を搭載したiPhoneやiPod touch、iPad、Mac間で、写真等のデータ/ファイルをやりとりすることが可能です。

* iPhoneで「AirDrop」を利用するにはiOS7以降が必要です。

* 「AirDrop」は、iPhone 5以降のiPhone、第5世代以降のiPod touch、iPad 4以降のiPad/iPad Air/iPad Pro/iPad mini、OS X Yosemite以降搭載&2012年以降のMacが対応しています。

iPhoneでのAirDropの設定と使い方
    

iPhoneで「AirDrop」をオン(有効)にする

「AirDrop」で写真等のデータ/ファイルを近くにいる相手と共有(送受信)するには、お互いの端末で「AirDrop」を有効にする必要があります。

iPhoneの「コントロールセンター」で「AirDrop」の設定画面を表示する

iPhoneの画面下部から上方向にフリックすることで、コントロールセンターを表示することができます。コントロールセンター内に表示される「AirDrop」をタップします。

iPhoneでコントロールセンターを表示する
1. 画面下部から上方向にフリックします
iPhoneでコントロールセンターからAirDropをタップする
2. 「コントロールセンター」から「AirDrop」をタップします
iPhoneでAirDropの設定画面を表示する
3. 「AirDrop」の設定画面が表示されます

iPhoneで「AirDrop」を有効にする

iPhoneで「AirDrop」機能を有効にする際、データを共有する端末(相手)を指定(すべての人、または連絡先のみ)して有効にします。

* AirDropを有効にすると、「Wi-Fi」および「Bluetooth」が自動的にオンになります。

近くで「AirDrop」を有効にしているすべての端末を検出する

「AirDrop」機能で、近くにいるすべての(AirDrop機能を有効にしている)端末を検出することができます。iPhoneの「連絡先」に登録していない友達(端末)とデータを共有したい場合は、「すべての人」を選択して「AirDrop」機能を有効にします。

iPhoneのAirDropで全員を検出可能にする
1. 「すべての人」を選択します
AirDrop:全員
2. すべての人(端末)にAirDropが有効になります
AirDrop:全員
3. コントロールセンターを閉じます

「連絡先」に登録している相手の端末のみを検出する

「AirDrop」機能で、近くにいる「連絡先」に登録されている相手の(AirDrop機能を有効にしている)端末のみを検出することができます。iPhoneの「連絡先」に登録していない相手の端末以外を検出したくない場合は、「連絡先のみ」を選択して、「AirDrop」機能を有効にします。

* 「連絡先のみ」を選択するには、iPhoneで「iCloud」を有効(サインイン)にしている必要があります。

iPhoneのAirDropで全員を検出可能にする
1. 「連絡先のみ」を選択します
AirDrop:全員
2. 連絡先に登録している連絡先のみAirDropが有効になります
AirDrop:全員
3. コントロールセンターを閉じます

「連絡先のみ」を選択するには「iCloud」へのサインインが必要

「AirDrop」の検出を「連絡先のみ」に設定するには、iPhoneで「iCloud」にサインインして有効にしている必要があります。ポップアップ画面から「設定」をタップし、「iCloud」にサインインします。

iPhoneで設定をタップする
1. 「設定」をタップしてサインイン画面を表示します
iPhoneでiCloudのサインイン画面を表示する
2. 「Apple ID/パスワード」を入力し「サインイン」をタップします
iPhoneでiCloudにサインインする
3. 「iCloud」にサインインできます

iPhoneの「AirDrop」で写真等のファイルを共有・送受信する

「AirDrop」機能で、写真・ビデオ・連絡先・メモ・Safariで表示しているWebサイトなどを近くにいる相手と共有(送受信)します。お互いの端末で「AirDrop」機能を有効にすることで、写真等を無線でやりとりすることができます。

AirDropでファイルを送信する

近くにいる相手に送信したい写真等を選択・表示し、画面下の「アクション」アイコンをタップします。近くでAirDropを有効にしている相手(端末)が画面上に表示されるので、タップします。相手が受信を承諾すると送信が開始されます。

iPhoneでアクションアイコンをタップする
1. 画面下部の「アクション」アイコンをタップします
iPhoneのAirDropでデータ/ファイルを送信する
2. ファイルを送信したい相手を選択します
iPhoneでAirDropで写真を友達と共有する
3. 相手が受信を承諾すると、送信が開始されます

AirDropでファイルを受信する

近くにいる相手が「AirDrop」で写真等のファイルを送信すると、画面上にファイル受信のメッセージが表示されます。「受け入れる」をタップすることで、ファイルを受信、端末内に保存することができます。

AirDropで写真の共有を受け入れる
1. AirDropの受信画面が表示されます
iPhoneのAirDropで受信した写真は端末に保存される
2. 「受け入れる」をタップします
iPhoneのAirDropで受信したデータ/ファイルは端末に保存される
3. 受信したファイルは端末内に保存されます

iPhoneで「AirDrop」をオフ(無効)にする

「AirDrop」をオフ(無効)にしたい場合は、再度コントロールセンターを表示して有効になっている「AirDrop」をタップします。「受信しない」をタップすることで、AirDropを無効にすることができます。

* AirDropをオンにしている際に「Wi-Fi」または「Bluetooth」をオフにすると、一時的にAirDropは無効になります。

iPhoneでコントロールセンターを表示する
1. 有効になっている「AirDrop」をタップします
iPhoneのAirDropで受信しないを選択する
2. 「受信しない」をタップします
iPhoneでAirDropをオフ(無効)にする
3. 「AirDrop」が無効(オフ)になります

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:http://www.ipodwave.com/iphone/howto/airdrop.html


このページへのリンクタグ: iPhoneでの「AirDrop」の設定方法と使い方 - iPhone Wave
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  iCloud
  •  Apple TV
  •  News
  •  アプリ
  •  レビュー