News > アップルがApple Watch向けに『watchOS 4.1』をリリース

スポンサーリンク

アップルがApple Watch向けに『watchOS 4.1』をリリース

アップルは、Apple Watch向けの最新アップデート『watchOS 4.1』をリリースしています。

watchOS 4.1

watchOS4.1ではLTE通信による音楽のストリーミング再生に対応

Apple Watch Series 3ではApple MusicまたはiCloudミュージックライブラリを使用して音楽のストリーミング再生が可能となっています。

また、新しい「ラジオ」アプリが追加、Siriによる音楽検索や再生なども可能となっています。

iPhoneからApple WatchのOSをアップデートする方法

Apple WatchのOSのアップデートは、Apple WatchとペアリングしているiPhoneの「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」からアップデートを開始することができます。

watchOS 4.1
1. iPhoneで「Watch」アプリをタップします
watchOS 4.1 アップデート
2. 「一般」から「ソフトウェアアップデート」を選択します
watchOS 4.1 ダウンロードとインストール
3. 「ダウンロードとインストール」をタップします

なお、アップデートをインストールするには、Apple Watchが下記の条件を満たしている必要があります。

・ Wi-Fi接続されたiPhoneの通信圏内にある
・ 50%以上充電されている

Apple WatchのOSのアップデート方法について詳しくは「Apple Watchのソフトウェア(OS)をアップデートする」をご覧ください。

スポンサーリンク

iPhone SE(第2世代)の予約がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV