Wave+ News TOP > アップルがApple Watch向け最新アップデート『watchOS 3.1.1』をリリース

スポンサーリンク

アップルがApple Watch向け最新アップデート『watchOS 3.1.1』をリリース

アップルが、Apple Watch向け最新ソフトウェア・アップデート『watchOS 3.1.1』をリリースしています。

『watchOS 3.1.1』では、通知に応答できない問題が解決されたほか、各アプリでの問題が修正されています。

watchOS 3.1.1

watchOS3.1.1 での修正点

・ 連絡先の名前が"メッセージ"アプリと通知に表示されない問題を修正
・ 通知に応答出来ない問題を解決
・ "株価"のコンプリケーションが文字盤で更新されない問題を修正
・ アクティビティのリングがアクティビティの文字盤で表示されない問題を修正
・ "天気"アプリで気温の単位を変更後に、アナログの文字盤でダイアルが表示されない問題を修正
・ "マップ"アプリがナビゲーション終了後も起動したままになる問題を解決
・ "カレンダー"アプリの月表示で間違った日付が表示される問題を修正

iPhoneからApple WatchのOSをアップデートする方法

Apple WatchのOSのアップデートは、ペアリングしているiPhoneから行うことが可能です。

Apple WatchとペアリングしているiPhoneの「Apple Watch」アプリから「一般」から「ソフトウェア・アップデート」を選択して、ソフトウェア・アップデート画面の「ダウンロードとインストール」をタップすることで、アップデートを開始することができます。

iPhoneからApple WatchのOSをアップデートする
Apple WatchでWatchOS 3にアップグレードする
Apple WatchのOS「Watch OS 3」をダウンロードしてインストールする

なお、アップデートをインストールするには、Apple Watchが下記の条件を満たしている必要があります。

・ Wi-Fi接続されたiPhoneの通信圏内にある
・ 50%以上充電されている

Apple WatchのOSのアップデート方法について詳しくは「Apple Watchのソフトウェア(OS)をアップデートする」をご覧ください。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:https://www.ipodwave.com/news/201612133.htm


このページへのリンクタグ: アップルがApple Watch向け最新アップデート『watchOS 3.1.1』をリリース - Wave+ News
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV