Wave+ レビュー TOP > 第6世代iPod nano用ウォッチバンド『LunaTik』

スポンサーリンク

第6世代iPod nano用ウォッチバンド『LunaTik』

【LunaTik】 Silver LunaTik

LunaTikの第6世代iPod nano用マルチウォッチバンド『Silver LunaTik』を試してみました。

LunaTikケース

LunaTikは、第6世代のiPod nanoを腕時計として使うためのiPod nano専用アクセサリです。シルバーのほか、ブラック・レッドなどのカラーバリエーションがあります。

LunaTik説明書

付属の説明書にiPod nanoの取り付け方が記載されています。アルミフレームでnano本体を挟み込み、レンチで締めることにより、iPod nanoをバンドに取り付けることができます。

LunaTikに第6世代iPod nanoを取り付けます

LunaTik付属品

iPod nanoをバンドに取り付けます。LunaTikにはバンド本体のほか、アルミ製のフレームでnano本体を固定するためのレンチが付属しています。

LunaTik アルミフレームは2分割可能

ケースのネジを付属のレンチで緩めます。ケース本体が2分割できるので、中にあるダミーを取り出します。

LunaTikにiPod nanoを取り付ける

代わりに第六世代のiPod nanoをケースに装着します。

LunaTikにiPod nanoを固定

本体ケースのネジを再度締めます。これでiPod nanoをバンドに取り付けることができました。

iPod nanoを時計表示にする

iPod nanoを時計画面にすることで、iPod nanoを腕時計として使用することができます。

iPod nanoを取り付けたLunaTikの側面・背面

LunaTik側面

写真では右側にボタン類が配置されていますが、iPod nanoをLunaTikに逆向きに取り付けることも可能となっており、左側にボタン類が配置されるようにすることもできます。

LunaTik側面

アルミケースでiPod nanoを覆うように取り付けられていますが、ドックコネクタ・イヤホンもそのまま接続することができるので、腕時計のまま、iTunesと同期・充電することが可能です。

LunaTik背面

背面はiPod nanoのクリップの背面がそのまま剥き出しとなっていますが、非常に一体感があります。

実際にiPod nanoを腕に装着してみました

LunaTikを装着してみる

アルミケースでiPod nano本体を覆うデザインのため、腕時計としては大きめの部類になります。ただ、アルミケースに覆われているので、iPod nano本体を衝撃から守ってくれそうです。

LunaTikベルト

ベルトはシリコン製のラバーベルト。ベルトを固定するためのクリップは取り外して位置を変更することも可能です。

iPod nanoを腕時計として便利に使うには

LunaTik

2011発売のiPod nanoには18種類の時計文字盤が用意されているのでお好みの時計文字盤を選ぶことができます。また、2010年発売のiPod nanoもソフトウェアアップデートすることにより18種類の時計文字盤を選択可能になります。iPod nanoでの時計文字盤の変更の仕方は「iPod nanoで時計文字盤を変更する」をご覧ください。

また、iPod nanoではスリープ解除時に時計を表示させることができます。iPod nanoでは時計を常時表示させておくことはできませんが、スリープボタンを押すだけで時計が表示されるように設定すると、iPod nanoを腕時計として使用する際に便利です。iPod nanoでスリープ解除時に時計を表示する方法は「iPod nanoでスリープ解除時に時計を表示する」をご覧ください。


 製品名  Silver LunaTik
 販売元  LunaTik
 製品ページ  製品ホームページを見る

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:http://www.ipodwave.com/review/lunatik.htm


このページへのリンクタグ: 第6世代iPod nano用ウォッチバンド『LunaTik』 - Wave+ レビュー
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  iCloud
  •  Apple TV
  •  News
  •  アプリ
  •  レビュー