iPhone Wave Top > iPhoneの使い方 > iPhoneでバッテリーを節約して長持ちさせる

スポンサーリンク

iPhoneでバッテリーを節約して長持ちさせる

ここではiPhoneでバッテリーを節約して長持ちさせる方法を紹介しています。

iPhoneでバッテリーを長持ちさせるための設定方法を紹介しています。iPhoneの各種設定を変更することでバッテリー消費を抑える(節約する)ことができます

iPhoneの画面の明るさを変更する

iPhoneの画面が明るいほどバッテリーの消費が大きくなります。画面の明るさを抑えることで、バッテリーの消費を抑えることができます。iOS7搭載のiPhoneでは、コントロールセンターから画面の明るさを簡単に変更できるようになりました。

iPhoneでコントロールセンターを表示する
1. 画面の下部から上にスワイプします
iPhoneで画面の明るさを変更してバッテリー消費を抑える
2. コントロールセンターから画面の明るさを変更できます
iPhoneで画面の明るさを抑えてバッテリーを節約する
3. 画面の明るさを減らします

Wi-Fi接続していない場合はWi-Fiをオフにする

iPhoneでWi-Fiネットワークに接続していない場合は、「Wi-Fi」をオフにします。Wi-Fiをオンにしていると、利用可能なWi-Fiネットワークを常に取得するため、バッテリーを消費してしまいます。

iPhoneでコントロールセンターを表示する
1. 画面の下部から上にスワイプします
iPhoneでWi-Fiをオフにしてバッテリーを長持ちさせる
2. コントロールセンターからWi-Fiのオン/オフを変更できます
iPhoneでWi-Fiをオフにしてバッテリーを節約する
3. W-Fiをオフにします

iPhoneを使用していない時は画面をロックする

iPhoneを使用していない場合は、こまめに画面をロック(スリープ)することで、バッテリーの消費を抑えることができます。iPhoneの画面をロックするには、本体上にある「スリープ/スリープ解除」を押します。

iPhoneで画面をオフにしてバッテリーを節約する

iPhoneの"自動ロック"設定で短い時間を選択する

iPhoneの画面操作を一定時間行っていないと、画面が自動でロックされます。この時間を短く設定することで、iPhoneを操作していない場合にすぐに画面をロック(スリープ)することができ、バッテリーの消費を抑えることが可能です。

iPhoneで設定画面を表示する
1. 「設定」から「一般」を選択します
iOS7搭載iPhoneで自動ロック設定を変更する
2. 「自動ロック」を選択します
iOS7搭載iPhoneで自動ロックまでの時間を短くする
3. 短い時間を選択します

iPhoneでアプリのバックグラウンド更新をオフする

iPhoneでは、他のアプリを使用している場合でも、バックグラウンドで起動中のアプリが自動で更新されます。バックグラウンドで自動更新させる必要のないアプリは、「Appのバックグラウンド更新」設定画面から、バックグラウンド更新をオフにすることができます。

iPhoneで設定をタップする
1. 「設定」から「一般」を選択します
iOS7搭載iPhoneでAppのバックグラウンド更新をオフにしてバッテリーを節約する
2. 「Appのバックグラウンド更新」を選択します
iOS7搭載iPhoneでAppのバックグラウンド更新をオフにしてバッテリーを長持ちさせる
3. すべてのアプリ、または特定のアプリのバックグラウンド更新をオフにできます

iPhoneで使用しない位置情報サービスをオフする

iPhoneの特定のアプリでは、位置情報を取得してアプリのサービスに利用しています(地図アプリの現在地表示、カメラの撮影位置表示など)。使用しないアプリの位置情報サービスをオフにすることで、バッテリー消費を抑えることが可能です。

iPhoneでプライバシー設定画面を表示する
1. 「設定」から「プライバシー」を選択します
iOS7搭載iPhoneで位置情報サービスをオフにしてバッテリーを節約する
2. 「位置情報サービス」を選択します
iOS7搭載iPhoneで位置情報サービスをオフにしてバッテリーを長持ちさせる
3. 使用しないアプリの位置情報サービスをオフにします

iPhoneでアプリの自動アップデートをオフにする

iPhoneでアプリの自動アップデートを有効にしている場合、iPhone内のアプリが自動でアップデートすることができますが、必要なときに手動でアップデートすることで、バッテリー消費を抑えることができます。

iPhoneで自動アップデートをオフにする
1. 「設定」から「iTunes&App Store」を選択します
iOS7搭載iPhoneで自動アップデートをオフにしてバッテリー消費を抑える
2. 自動ダウンロードで「アップデート」をオフにします

iPhoneでメールのプッシュ通知をオフにする

iPhoneのメールの取得方法で、リアルタイムでメールを受信できる"プッシュ"ではなく、一定時間おきにメールを受信する"フェッチ"を選択します。リアルタイムでメールの受信確認をしなくてよいメールアドレスがある場合は、"フェッチ"または"手動"での受信を選択することで、バッテリー消費を抑えることができます。

「設定」内の「メール/連絡先/カレンダー」から「データの取得方法」を選択することで、各メールアドレスの取得方法を変更できます。また、フェッチの場合のメールの受信頻度を下げる(30分ごと、1時間後ごとを選択する)ことで、バッテリー消費を抑えることができます。

iPhoneでメールの取得方法を変更してバッテリー消費を抑える
1. プッシュを選択しているメールアドレスを選択します
iOS7搭載iPhoneでメールの取得方法をフェッチにしてバッテリーを節約する
2. 「フェッチ」または「手動」を選択します
iOS7搭載iPhoneでメールの取得方法を手動にしてバッテリーを長持ちさせる
3. フェッチの場合の、メールを受信する頻度を設定します

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:http://www.ipodwave.com/iphone/howto/battery.html


このページへのリンクタグ: iPhoneでバッテリーを節約して長持ちさせる - iPhone Wave
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  iCloud
  •  Apple TV
  •  News
  •  アプリ
  •  レビュー