Apple Watch Wave Top > Apple Watchの基本情報 > Apple Watchの種類と比較/違い・選び方

スポンサーリンク

Apple Watchの種類と比較/違い・選び方

2015年4月に発売されたアップルの時計型ウェアラブル端末「Apple Watch」では、「Apple Watch」「Apple Watch Sport」「Apple Watch Edition」の3モデルが販売されています。

ここでは、各モデルの特徴と違い、自分に合ったモデルを選ぶ際にポイントとなる点や注意点などを紹介しています。

Apple Watchのモデルと特徴
各モデルでの主な共通項と違い
スペック比較と価格
Apple Watchのモデルの選び方と注意点

Apple Watchのモデルと特徴

Apple Wathcには、大きく分けて3モデルあります。各モデルでケースの素材や価格が異なっています。

Apple Watch(アップル ウォッチ)

Apple Watch(アップル ウォッチ)

Apple Watchのスタンダードモデル。ケースは質感の高いステンレススチール、ディスプレイには強度の高いサファイヤガラスが使用されています。バンドやサイズなどの違いにより、シリーズ最多の20モデルが用意されています。

バンドは、スポーツバンド・ミラネーゼループ・モダンバックル・クラシックバックル・レザーループ・リンクブレスレットの6種類。

価格は66,800円(税別)~。

Apple Watch Sport(アップル ウォッチ スポーツ)

Apple Watch Sport(アップル ウォッチ スポーツ)

Apple Watchのスポーツ向けモデルであり、最も低価格なモデル。アルミ素材がケースに使用されており、重量はシリーズ最軽量。ディスプレイにはIon‑Xガラスと呼ばれる強化ガラスが使用されています。

バンドは、スポーツバンド(5色)のみ。

価格は42,800円(税別)~。

Apple Watch Edition(アップル ウォッチ エディション)

Apple Watch Edition(アップル ウォッチ エディション)

素材に18kを使用したApple Watchの高級モデルで、このモデルのみマグネット式充電ケース(専用レザーケース)が付属します。ディスプレイにはApple Watchと同じくサファイヤガラスが使用されています。

バンドは、スポーツバンド・モダンバックル・クラシックバックルの3種類各2色。

価格は1,280,000円(税別)~。

各モデルでの主な共通項と違い

各モデルの最大の違いはケースの素材

Apple Watch Sportのケースはアルミ合金製、Apple Watchのケースはステンレススチール製、Apple Watch Editionのケースは18k製となっており、使われる素材により質感や重量などに違いがあります。

またディスプレイ素材もモデルによって異なり、Apple Watch SportではIon-Xガラスが、Apple WatchとApple Watch Editionではサファイヤガラスが使用されています。

サファイヤガラスは、ダイヤモンドに次ぐ強度を持つサファイヤを使用したガラス素材となっており、非常に強度が高くなっています。

各モデルでサイズの異なる38mmと42mmケースが用意

Apple Watch、Apple Watch Sport、Apple Watch Editionのすべてのモデルで大きさの異なる38mmケースと42mmケースが用意されており、自分の腕に合った大きさのApple Watchを選ぶことができます。

なお、ケースの大きさの違いにより仕様も若干異なっており、ディスプレイサイズは38mmが340×272ピクセル、42mmは390×312ピクセル、重量も38mmが40g、42mmは50gと異なります。

また、バンドによっては38mmのみ、または42㎜のみしか用意されていない場合があります。

各モデルの機能や耐水性能は共通

Apple Watch、Apple Watch Sport、Apple Watch Editionのすべてのモデルで、Apple Watch自体の機能や性能は共通となっています(ケースの大きさによりディスプレイサイズや重量は異なります)。

耐水性能についてもシリーズ共通となっており、アップルの公式サイトによると"IPX7等級"の耐水性を備えているとしています。雨の中やエクササイズ中、手を洗うなどの場面での着用・使用であれば問題ないとされていますが、水に浸すことは推奨されていません。

なお、バッテリー性能については一般使用で最大18時間となっていますが、38mmより42mmのほうが通常、より長く持続すると公式に案内されています。

Apple Watchのバッテリー性能についてはアップルの公式サイト内の「バッテリーに関する一般情報」もご参照ください。

スペック比較と価格

スペック比較

  Apple Watch Apple Watch
Sport
Apple Watch
Edition
サイズ 38.6mm × 33.3mm × 10.5mm(38mm)
42.0mm × 35.9mm × 10.5mm(42mm)

重量

40g(38mm)
50g(42mm)
25g(38mm)
30g(42mm)
55/54g(38mm)
69/67g(42mm)

ケース
(素材/カラー)

シルバーアルミニウム ステンレススチール 18Kイエローゴールド
スペースブラックアルミニウム スペースブラックステンレススチール 18Kローズゴールド
バッテリー 一般使用で最大18時間
ディスプレイ Ion-Xガラス サファイアクリスタルガラス
裏蓋 合成 セラミック
耐水 防沫・耐水仕様(IPX7等級の耐水性能)

価格

  Apple Watch Apple Watch
Sport
Apple Watch
Edition
38mm 66,800円~ 42,800円~ 1,280,000円~
42mm 71,800円~ 48,800円~ 1,480,000円~

Apple Watchのモデルの選び方と注意点

Apple Watchでは、ケースやバンドなどの組み合わせを含めると38モデルが用意されていますが、すべてのモデルでできることと、機能や耐水性能は共通となっているため、選び方のポイントは「ケース」「サイズ」「バンド」となります。

なお、Apple Watchはアップル直営店などで試着が可能なので、購入前に必ず試着してみることをおすすめします。アップルの直営店では、試着の予約も可能となっています。

軽量な「アルミ製」、質感の高い「ステンレス」、高級な「18k」

Apple Watchでは、ケースの素材の違いにより、3つのモデルに分かれています。

・ アルミ製の「Apple Watch Sport」はシリーズ最軽量です。カラフルなスポーツバンドと合わせてポップなイメージとなっています。

・ ステンレス製の「Apple Watch」は質感も高く、ビジネスなどにも最適。多彩なバンドとの組み合わせが可能です。

・ 18k製の「Apple Watch Edition」はバンドも特別仕様。高級な特別モデル。

小さめの「38mm」か大きめの「42mm」か

Apple Watchでは、サイズの異なる「42mm」と「38mm」が用意されていますが、違いとしては、サイズの大きさ以外ではディスプレイ解像度とバッテリー持ちとなります。

なお、モデルによっては数種類のバンドが用意されてる「Apple Watch」ですが、バンドによっては38mmのみ、または42mmのみといったものもあるで注意が必要です。

- 「Apple Watch」のレザーループは42mmのみ、モダンバックルは38mmのみ
- 「Apple Watch Edition」のクラシックバックルは42mmのみ、モダンバックルは38mmのみ

自分の腕のサイズに合ったバンド選びが必要

「Apple Watch Sport」では5色のスポーツバンド、「Apple Watch」では6種類、「Apple Watch Edition」では3種類のバンドから選択できますが、38mm/42mmで対応する腕のサイズが異なるほか、S/M/Lといったサイズが用意されているバンドもあります。

各バンドサイズの一覧表はアップルにより公開されているので購入前にはチェックが必要です。

関連情報

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:http://www.ipodwave.com/applewatch/startguide/compare.html


このページへのリンクタグ: Apple Watchの種類と比較/違い・選び方 - Apple Watch Wave
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  iCloud
  •  Apple TV
  •  News
  •  アプリ
  •  レビュー